【最初の1本】これからギターを始める人におすすめのエレキギター7選【初心者向け】




こんにちは。
インビンシブル吉岡(@invincible_ysok)です。

 

今回は初めてのエレキギターを購入するにあたり

「種類が多過ぎて、どれ選んだらいいか分かんねぇよ!」

といった方に向けて、良さそうなギターを7種類選びましたのでご紹介していきたいと思います!

 

初めてのギター選びの参考にして頂ければ幸いです。ギターは楽しいよ!

※「なんでこのギターが入ってないんだよ!」みたいなものもあるかもしれませんが、その辺は個人差という事でご了承くださいませ

はじめに:ギター選びの条件

今回、7種類のギターを選ぶ際に

  1. 値段が大体3~6万円の範囲
  2. 1メーカーにつき1本
  3. 他メーカーと重複しないモデル

の3点を条件として選定しました。

 

まず1点目、この値段の範囲で選んだ理由は、私が個人的に「初めてのエレキギターは、5万円前後のものがベスト」と思っているからです。

 

続いての「1メーカーにつき1本」「他メーカーと重複しないモデル」ですが、同じメーカーのギターや同じ形状のギターばかり紹介しても仕方ないと思っただけで、特に深い意味はないです。

 

それでは早速、見ていきましょう!

1.Epiphone(エピフォン) / レスポール

Epiphone エピフォン エレキギター Les Paul Standard Plus Top Pro HCS

まず始めは、エレキギターの代表格とも言えるレスポールです。

 

レスポールはギブソン社が作っているエレキギターで、後述のストラトキャスターと並んで世界中のギタリストが使用しています

ですので、今までギターを弾いた事がないというような方でも、1度は見た事があるのではないでしょうか。

 

本家ギブソンのレスポールは初めての1本として買うのには躊躇する値段ですが、こちらのエピフォン製のレスポールであれば、十分に手が届く値段になってくると思います。

またエピフォンはギブソン傘下のメーカーなので、値段は安くともコピーモデルではなくれっきとしたレスポールです。

 

ハムバッカータイプのピックアップが搭載されている為、音の傾向としてはシングルタイプのピックアップを搭載したストラトキャスター(後述)などと比べ「音が太い」「パワーがある」などと言われます。

 

このモデルのレビュー動画を見つけたので、貼り付けておきます。↓

 

この値段のギターで、こんなにカッコいい音が出せるんですね!

まぁカッコいい理由の1番は「弾いている人が上手いから」なんですけど…。

 

とにかく、これぐらいの音は出せるギターである、という目安にはなるかと思います。

 

あとレスポールはボディーが分厚いので、ストラトなどと比べると基本的に重いです。

長時間立って弾くと、肩が痛くなってくるかも…。

まぁそれは鍛えて何とかしてください(自戒の念)。

2.Squier(スクワイヤ) / ストラトキャスター

SQUIER ( スクワイヤ ) / Classic Vibe Stratocaster'50s 2-Color SunburstSQUIER ( スクワイヤ ) / Classic Vibe Stratocaster ’50s 2-Color Sunburst

ギブソン社のレスポールと並んで、エレキギターの代名詞とも言えるフェンダー社のストラトキャスター

 

同様の形をしたギターは数多くのメーカーから販売されていますが、「ストラトキャスター」は本家フェンダーのギターに使用される名称です。

つまり、フェンダー以外のメーカーが作っている同様のタイプのギターはあくまで「ストラトタイプのギター」であり、「ストラトキャスター」ではありません

 

しかし、このスクワイヤはフェンダーの廉価版を作っているフェンダー系列のブランドである為、このギターにも公式に「ストラトキャスター」の名が冠されています。

 

 

ストラトは位置付けとしては万能型のギターになるので、ジャンルを選ばずにあらゆる場面で使用する事が出来ます。

このモデルはシングルタイプのピックアップが搭載されている為、前述のレスポールと比べると「繊細で煌びやかな音」「パワーは控え目」といったイメージです。

※ハムバッカータイプのピックアップが搭載されているストラトもあります

 

ただ音については改造したらある程度なんとかなるので、とりあえず何を買っていいか決められない状況であれば、ストラトを選んでおけば無難と言えます。

 

このモデルのレビュー動画はこちら。↓

 

また、最初に設定した予算を微妙にオーバーしてしまったので今回は選択肢から外しましたが、今回の予算範囲に少し上乗せしたぐらいの値段で本家フェンダーのストラトキャスターを選ぶ事も出来ます!

 

FENDER ( フェンダー ) / Player Strat HSS MN 3TSFENDER ( フェンダー ) / Player Strat HSS MN 3TS

こちらが本家フェンダーのストラトキャスターです。

 

Playerシリーズという、2018年に新たに発表されたメキシコ工場製のストラトで、アメリカ工場製のものに比べるとかなりリーズナブルな値段になっています。

※製造している工場はメキシコにありますが、メキシコ工場製のストラトもれっきとしたフェンダーUSA製のギターです

 

FENDER ( フェンダー ) / Player Strat HSS MN 3TS
世界中のギタリスト達と同じ、本家のロゴ

このロゴに憧れを抱く方も多いのではないでしょうか。

 

当然ながらスクワイヤよりも値段は高めですが、Playerシリーズであればスクワイヤに少し上乗せするぐらいの値段で手に入れる事が出来ます。

「どうしてもFenderロゴのギターが欲しい!」という事であれば、少し予算に余裕を持たせて探してみてはいかがでしょうか。

3.YAMAHA(ヤマハ) / パシフィカ

YAMAHA ( ヤマハ ) / Pacifica212VFM TBLYAMAHA ( ヤマハ ) / Pacifica212VFM TBL

続いては日本初の世界的ブランド、ヤマハの代表的モデルであるパシフィカです。

 

ヤマハの楽器というとピアノのイメージが強いですが、ギターも数多く手掛けています。

 

パシフィカはヤマハのエレキギターを代表する製品であり、フェンダーのストラトをヤマハ風にアレンジしたギターとでも言えそうです。

 

 

このギターと標準的なストラトとの違いとして、ピックアップの並びがS-S-Hになっている点です。

S-S-Hとは、ネック側から順番にシングル・シングル・ハムバッカーの3つが搭載されている事を意味します。

 

またこのパシフィカは、コイルタップという機能が付いています。

ブリッジ側に1個だけ付いているハムバッカーピックアップを、スイッチ1つでシングルコイルに切り替える事が可能です。

つまりS-S-Hのギターとしても使えるし、先程のストラトのように3シングルのギターとしても使えるという事になります。

 

シングルとハムバッカーは音の傾向が違う為、1本のギターで多彩なサウンドを作る事が出来ますね。

 

おまけにこのギター、木目が美しいですね!

この価格帯のギターとは思えない見た目です。

 

トータルで見ると、非常にコストパフォーマンスに優れたギターであると思います。

 

このモデルのレビュー動画はこちら。↓

4.IBANEZ(アイバニーズ) / RGシリーズ

IBANEZ ( アイバニーズ ) / RG350DXZ WhiteIBANEZ ( アイバニーズ ) / RG350DXZ White

続いては日本が世界に誇るギターブランド、アイバニーズRGシリーズです。

 

このRGの主な特徴としては、

  • ネックが薄い
  • 24フレット
  • ロック式トレモロ

 

などが挙げられます。

 

ネックが薄いという事は、左手でギターを握り込まずに親指をネックの裏に添える、いわゆるクラシックフォームで弾く場合にフィンガリングが容易になるというメリットがあります。

つまり速弾きのような、難易度の高い演奏がやりやすいという事です。

 

海外のテクニカル系のギタリストにアイバニーズの使用者が多いのは、この辺りも理由の一つであると思われます。

(例:スティーヴ・ヴァイ、ポール・ギルバート、ジョー・サトリアーニ他)

 

続いて24フレット仕様。

レスポールは通常22フレット、ストラトは21フレット or 22フレットです。

フレット数が多いという事は、それだけ出せる音が多くなります

22フレットのギターと比べると、単純に1音(半音2個分)高い音まで出せる事になるので、フレーズの幅が広がります。

 

そしてロック式トレモロ

ロック式トレモロは、ナットの部分で弦をロックする事により、チューニングの狂いを最小限に抑える構造になっています。

メリットとしては、そのまんまですがチューニングが狂いにくいので、派手なアーミングなどのプレイにも向いています。

 

ただデメリットとして、構造上の問題で弦交換の手間が少し増える事。

また、チューニングは合ってしまえば狂いにくいのですが、そもそもチューニングを合わせるのに手間が掛かる為、初心者向きとは言いにくいかもしれません。

最初からロック式を使って慣れてしまえば「こんなものか」と思えるかもしれませんが…。

 

紹介しておいてアレですが、飽きっぽい人などは最初はロック式は避けた方が無難かもしれません。

 

このモデルのレビュー動画はこちら。↓

5.GrassRoots(グラスルーツ) / フォレスト

GRASSROOTS ( グラスルーツ ) / G-FR-62GT See Thru BlueGRASSROOTS ( グラスルーツ ) / G-FR-62GT See Thru Blue

続いてのギターはグラスルーツフォレストです。

 

グラスルーツは日本の有名ギターブランドであるESPの廉価版モデルを販売しているブランドです。

※グラスルーツとESPの間の価格帯に、エドワーズというブランドも存在します

 

国内外のヘヴィメタルギタリストや、ヴィジュアル系ギタリストに使用者が多い印象です。

 

このギターに限らず、グラスルーツ(ESP)は色々な形の変形ギターを販売していますので、

「レスポールやストラトは無難過ぎてちょっと…」

というような方は、探してみると好みのものが見つかるかもしれませんね。

 

 

もし好きなギタリストがESPのギターを使用している場合、同じギターを買おうとすると軽く数十万円はしてしまいます。

流石に本人と同じスペックという訳にはいきませんが、見た目はほぼ同じモデルがグラスルーツやエドワーズから販売されている事も多いので、

「憧れのあの人と同じギターが欲しい!」

といった場合は、まずはグラスルーツやエドワーズで廉価版が作られていないか、探してみても良いかと思います。

 

 

このフォレストも先程のアイバニーズのRGと同様、24フレットの為に高い音が出せるのがポイントです。

しかしこれもRGと同じくロック式トレモロを採用しているので、弦交換やチューニングは少し面倒という側面がありますので、選ぶ際はお気を付けください。

 

このモデルのレビュー動画はこちら。1番初めに弾かれているギターがこのギターです(0:05~0:53あたり)。↓

6.TOKAI(トーカイ) / テレキャスタータイプ

TOKAI ( トーカイ ) / ATE88 YS/RTOKAI ( トーカイ ) / ATE88 YS/R

続きましては、日本の楽器メーカー東海楽器のブランドであるトーカイが販売する、テレキャスタータイプのギターです。

 

テレキャスターは、ストラトキャスターと同じく本家はフェンダーです。

ただ今回、紹介するのは1メーカーにつき1本という謎の縛りを作ってしまったので、違うメーカーのテレキャスタータイプをご紹介したいと思います。

 

 

トーカイはこのテレキャスタータイプのギター以外にもレスポールタイプやストラトタイプなど、様々なコピーモデルを生産しています。

コピーモデルと聞くと、本家の劣化版というイメージがあるかもしれません。

しかしトーカイは日本のメーカーらしく丁寧な作りで値段に比べて品質は高く、コストパフォーマンスに優れたギターメーカーとして有名です。

 

いくつかオリジナルのギターも作っていますが、トーカイの場合はコピーモデルの方が有名かもしれません。

例外的にGLAYのギタリストであるHISASHI氏が使用しているタルボなどは有名ですが、コンセプトが奇抜過ぎて売れているかというと…うーん。

 

ご参考までに、タルボはコレです。↓

TOKAI ( トーカイ ) / A-165SH Nickel PlatedTOKAI ( トーカイ ) / A-165SH Nickel Plated

 

 

話を戻しまして、テレキャスタータイプのギターの特徴としては、まず構造がとにかくシンプルです。

ソリッドボディ(ギターのボディが空洞になっていないタイプ)のエレキギターとしては世界で最も歴史が古い部類のギターであり、レスポールやストラトキャスターよりも早くに登場しています。

 

音の面で見てみると、ストラトよりも更に高音がキラキラしたようなサウンドとでも言うべきでしょうか。

構造がシンプルであるが故に、これが本来のエレキギターであると言えるかもしれません。

 

また、可愛らしいフォルムをしているからか、最近は女性にも人気があるようですね。

 

このモデルのレビュー動画はこちら。↓

7.JACKSON(ジャクソン) / ランディー・ローズV

JACKSON ( ジャクソン ) / JS32T Rhoads White with Black BevelsJACKSON ( ジャクソン ) / JS32T Rhoads White with Black Bevels

最後にご紹介するギターはこちら。

ジャクソンランディー・ローズVです。

 

ジャクソンはハードロックやヘヴィメタル系のギタリストの多くから支持を集めているメーカーです。

このモデルは、かつてオジー・オズボーンのギタリストとして活躍し、若くして飛行機事故で亡くなった伝説のギタリストRandy Rhoads(ランディー・ローズ)のモデルです。

 

かなり奇抜なデザインですが、1本ぐらい変形ギターも入れようと思いコレを選びました。

見た目からして好き嫌いは分かれそうですが、好きな人には堪らないんじゃないかと思います。

 

このギターは見た目は奇抜ですが、その他のスペックとしては良くも悪くも普通だと思います。

 

 

別の記事でも書いているのですが、ギター選びの際に1番重要な事は見た目が好きかどうかだと、私は思っています。

見た目が好きじゃないと、案外モチベーションに関わってくるんですよね…。

 

このモデルのレビュー動画はこちら。↓

最後に

ギター紹介は以上となります!

 

補足ですが、ある意味当然の話なんですけど、この7種類を選ぶにあたり私自身が全部実際に弾いて試した訳ではありません

というかこういう記事を書くにあたって、紹介している全てのギターを同じ環境で比較するのは実際のところ難しいので、私を含めて本当に全部試して記事を書いている人なんてほとんどいないと思います(道連れ)。

 

 

ギターってごく一部の機種を除いて木材が使われているので、個体差があるんですよね。

カタログスペック上は全く同じギターでも、木材の違いもありますし、最終的には人の手で配線や組み立てをするので、加工精度に若干のバラツキは生じます

 

なので試しに弾いてみて「コレええやん!」となっても、同じスペックのギターを別のところで買うと「何か違う」みたいな事も普通にあり得ます

 

 

ですので身も蓋もない事を言うと、

実際にお店で弾いてみて気に入ったものを買うのが一番

なんですけど、そうはいかない状況もあるかと思いますので、この記事がギター選びの一助となれば幸いです。

 

 

また当然ですが、ここに入っていないメーカー・ギターはおすすめ出来ないのかというと、全然そんな事はありません

もしここに入ってないくても心の中で決まっているギターがあるならば、それを買うのが正解だと思います。

 

 

最後に、もし私の知人が新たにギターを始めるとして「おすすめを教えてくれ」と聞かれた場合(楽器店には行かない前提)。

私だったら②のストラト、または③のパシフィカを薦めると思います。

選んだ理由は、無難な見た目(飽きにくい)と全体的なバランスの良さです。

 

 

それでは楽しいギターライフをお過ごしくださいませ!

 

よろしければYouTubeチャンネル登録&Twitterフォローお願いします!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です