【おすすめ】初心者が最初に買うエレキギターは、どんな仕様のものが良いのか【見た目】




こんにちは。インビンシブル吉岡(@invincible_ysok)です。

一言で「エレキギター」と言っても、色々な種類のものがありますよね。

 

ですので今回は、初心者の方がエレキギターを買うにあたり

どんな仕様のギターを買えばいいのか

について書いていきたいと思います!

<スポンサーリンク>

最初に買うべきギターの仕様

世の中には色々なスペックのギターがあります。

それらの違いがよく分かっていないうちは最初にどんなものを買えばいいのか、迷ってしまう事も多いですよね。

 

なので、初めての1本を買うのであればどんなギターを購入するのがオススメかを単純明快に、そして買うにあたっての注意点がいくつかありますので、その辺りを詳しく書いていこうと思います。

 

見た目を最重要視して選ぶべき

ギター選びに関して一番大切、というか唯一と言っていい程に重要視する点としては、

 

見た目が好きなギターを選ぶ

 

という事です!

 

当たり前といえば当たり前なのですが「カッコイイと思うギター」と「ダサいと思うギター」、弾きたいと思うのは当然前者ですよね??

 

見た目が好みのギターの方が、練習する際のモチベーションも上がります

それに音は後からある程度変える事が出来ますが、形を変えるのは買い替える以外に方法がありません

 

 

「それだけかよ」と思われるかもしれませんが、コレは本当に重要なんですよね。

見た目で選ぶのが、一番後悔しない可能性が高いと本当に思いますよ!

 

 

購入するギターを選ぶプロセスとしては、以下のような流れで探すのが無難かな、と思います。

  1. 楽器店やデジマートやサウンドハウスなどで、見た目が好みのギターを探す
  2. ピックアップしたギターの内、予算内のものを残す(私個人としては5万円前後のギターを推奨)
  3. 以下に記載する注意点に当てはまる項目があれば、「機能面」と「見た目の好み」を天秤に掛ける
  4. 「機能面」を優先するならば、再びギターを探しなおす
  5. 「見た目の好み」を優先するならば、それで決めてしまってOK

 

デジマートは全国の楽器店に置いてある楽器・機材の情報をまとめた楽器専門検索サイトであり、見てるだけで楽しいので暇潰しにもってこいです。

たまにレアなヴィンテージも載ってたりするので、私もそれを見てニヤニヤしています(見てるだけで買えない)。

 

サウンドハウスは楽器・機材の通販サイトです。

実店舗で買うよりも安い商品も多いので、私もよく利用させて頂いています。

 

おそらく楽器関係のネット通販では最大手ではないかな?と思います。

サウンドハウス

 

 

ではここからは、ギターを選ぶにあたっての注意点を書いていきたいと思います。

 

注意点

ギターには色々な形のものがありますが、前述のとおり基本的には好きなものを選んで頂いて問題ありません

ただ、以下の項目に当てはまるものについては、買うべきでないとまでは言えませんが、買うのであれば最初から覚悟はしておいた方が良いかと思います。

 

重いギター

ボディーが大きかったり分厚いギターは、単純に重いです。

 

同じ形状のギターでも使用木材や、はたまた個体差で重量はかなり変わってくるので一概には言えないところはあります。

ただ一般的にレスポールタイプのギターストラトキャスタータイプのギターと比べて、ボディーの厚みがあるので重いです。

 

重いと何が問題かというと、立って弾く時にしんどいです。

 

私はギブソン社のレスポールカスタムを所有しておりますが、最近年を取ったせいかライブでコレを使うとヒザがやられます。あとめっちゃ肩が凝ります。

(原因の8割ぐらいは運動不足な気もしますが)

 

とはいえ、演奏に支障が出る程の問題ではないと思いますので、そこまで気にする必要もない項目だと思います。

 

奇抜過ぎるシェイプは避けた方がいいかも

たまに人を刺せそうな形の奇抜な変形ギターがありますが、これらを買う際には、座って弾く事が出来るか確認しておいた方がいいと思います。

まぁ流石に座って弾けない程、変な形のものは少ないと思いますが…

 

ちなみに世の中には、こんな奇抜なギターが数多く存在しています。↓

 

ヘッド落ち

ギブソン社のSGという種類のギターや、その他いくつかの変形ギターなどは、この「ヘッド落ち」を覚悟する必要があります。

 

ヘッド落ちとは、ストラップを使用して立って弾く場合にボディーよりもネック側の方が重い為、ネックが下に垂れ下がっていく状態の事を言います。

 

つまり立ってギターを持っている間、ずっとネックを握っておかないとネックが下向きになってしまいます

 

 

私が初めて買ったギターはヘッド落ちするギターだった為、立って弾くのがちょっと辛かったです。

 

ボディーが小さかったり薄かったり等の理由でネック側よりも軽い場合、ヘッド落ちは発生します。

今はヘッド落ち対策が講じられたストラップなども売っているようですが、個人的にはヘッド落ちするギターを最初に購入するのはあまりオススメ出来ないですね。

まぁ、慣れの問題と言ったらそれまでなんですけど…。

 

フロイドローズのブリッジ

知らない方もいらっしゃるかと思いますので、まずはフロイドローズのブリッジとはどんなものかと言いますと、こんなやつです。↓

 

フロイドローズのブリッジはパーツ単体で購入してもそれなりの値段(約3万円)の為、おそらく私が推奨する5万円前後の価格帯のギターにフロイドローズが付いている事は無いと思います。

 

フロイドローズは激しいアーミングをしてもチューニングが狂いにくい為、アームを多用するギタリストが好んで使用しています。

ただデメリットとして、弦交換やチューニングの変更が非常に面倒なので、フロイドローズ付きのギターを購入するのであれば、そこは覚悟しておいた方が良いかと思います。

<スポンサーリンク>

特に気にする必要はない項目

続いては、多くの仕様がある中で、初心者の方であれば特に気にする必要はない項目を挙げたいと思います。

これらはギターを始めたばかりの方には違いが分かりにくいですし、拘るのはある程度ギターが弾けるようになってから、2本目以降のギターを購入する際に検討すればOKです。

 

木材の種類

ギターに使われる木材は色々なものがあります。

アッシュ、アルダー、マホガニーetc…

 

これらギターに使われる木材は種類によって様々な特性を持っており、使用する木材が変われば音も変わるという話なのですが…正直なところ木材の違いよりも電装系パーツの違いの方が、音に与える影響は大きいです。

 

エレキギターの音は電気信号なので、弦振動を拾うマイクであるピックアップなどの電装系パーツを変える事により音色を変化させる事が出来ます。

 

よく各木材の特性として「この木材は中低音域が~」などといった表記を見ますが、初めてエレキギターを弾く場合は全く参考にする必要はないと思います。

木材に拘るぐらいなら、見た目のカッコ良さに拘る。それで十分です。

 

 

余談ですが…仮に木材以外全く同じスペックのギターが2本あるとして、ある程度歪ませた音で弾いた場合、ブラインドテストで100%正確にどちらが何の木材かを言い当てる事って、出来ますか??

私は正直全く自信は無いです。

まぁ、耳あんまり良くないですしね(悲しい)。

 

ネックの太さや幅

ネックの太さや幅の違いは慣れの要素が大きいと思いますので、最初に選ぶ際には特に気にする必要はないと私は考えます。

 

1本目のギターである程度弾けるようになってから、2本目を購入する際に現状のギターと比較して、太くするのか薄くするのか検討すればOKです。

 

ネックの長さ(スケール)

手が極端に小さいという方は、ミディアムスケールやショートスケールのようなネックが短めのギターを選んだ方が弾きやすいかもしれませんが、これも最初のギターであればそこまで気にする必要はないと思います。

見た目が好みのギターがロングスケールしか無いのであれば、それを選んで頂いて問題ありません。

 

「手が小さいとギターを弾くのに不利」

というのはよく言われている事ですし、正直当たっている部分もあるとは思います。

が、手が小さくてもロングスケールのギターを使用して凄まじいテクニカルなプレイをするギタリストは沢山いますし、逆に手が大きい方が不利になる状況もあるので、最初からどのスケールを使用するかで悩む必要は無いと思います。

 

参考

  • ロングスケール…約648mm(Fender ストラトキャスターなど)
  • ミディアムスケール…約628mm(Gibson レスポールなど)
  • ショートスケール…約609mm(Fender ジャガーなど)

ちなみにこの長さは「弦が振動する部分の長さ」、つまり「ナットからブリッジまでの距離」です。

 

参考:私が初めて買ったギター

私が初めて買ったギターは、B.C.RichというメーカーのMockingbird(モッキンバード)という種類のものです。

ギターを買うと決めた際に、どんなギターを買おうかと雑誌の広告を眺めていたところ、ボディーの形状に一目惚れしました。

 

ちなみにモッキンバードはこんなギターです。↓

出典:Wikipedia

 

写真はGuns N’ RosesSlash氏ですが、他にこの形のギターを使用しているギタリストと言えば、X JAPANの故hide氏が特に有名ですね。

本当は私が所有する現物をアップしたいところなんですけど…昔のバンドメンバーに借りパクされて行方不明なので、Wikipediaから引用させて頂きました。

 

日本製の廉価版で、5万円ぐらいだったと思います。

この写真ではブリッジがフロイドローズになっていますが、私が買ったものはチューン・O・マチックという種類のブリッジが付いていました。

チューン・O・マチックは、主にレスポールに使用されている事が多いブリッジです。

 

あとこのモッキンバード、ボディーが薄く軽い為にヘッド落ちします

このギターを購入して練習に励んでいたある日、知り合いのストラトキャスターを持たせてもらったらヘッド落ちしなかったので、なんて弾きやすいんだ!と驚いた記憶があります(笑)。

 

最後に

ここまで長々と書いてきましたが、結局は「好きなものを買うのが一番!」という当たり前の結論になってしまいました。

 

やはり、ギターを見た目で選ぶって言うのは物凄く大事な事だと思います。

 

長年使っていると愛着も沸きますし、たとえ買った頃と音の好みが変わっても、

「なんとか改造してコイツをまだまだ使ってやりたい」

みたいな気持ちになります。

 

今私が所有しているギターも、一部の目的を持って買ったもの以外は基本的に見た目に惚れて買ったものばかりです。

今回挙げた注意点を軽く気にしつつも見た目最優先でギターを選べば、長く活躍してくれる自分だけの愛器にきっと巡り合えると思います。

 

この記事を読んでくださった方が、その人にとっての「当たり」ギターに出会えることを願っております!

 

よろしければYouTubeチャンネル登録&Twitterフォローお願いします!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です