【安物】初心者が購入すべきエレキギターの値段と、その理由について徹底解説【高級品】




こんにちは。
インビンシブル吉岡(@invincible_ysok)です。

 

「今まで触った事もないけれど、面白そうだからギターを始めてみたい」
「友達にバンドに誘われたので、ギターを買う事になった」
「人生で1回ぐらい、モテ過ぎて困るという状況を体験してみたい」

 

…等々、人がギターを始める理由は十人十色です。

 

しかしギターを始めるにあたって、誰もがまず最初に

じゃあどれぐらいの値段のギターを買えばいいの?

という悩みが出てくるかと思います。

 

 

もし周りにギター経験者がいるならば、その人に楽器店まで付いて来てもらうのが一番堅実な方法だと思います。

でも経験者の方にわざわざ時間を割いて一緒に来てもらうのも気が引けるし、そもそも周りにギターを弾く人や詳しい人がいない場合、どうしたらいいのか分からないですよね。

 

私も昔ギターを始めた時、周りにギター経験者がいなかったのでメチャクチャ悩みました。

というよりも、悩んでも結局よく分かりませんでした

 

 

という訳で、今回は私自身の過去の経験も踏まえ、最初にエレキギターを買うならどれぐらいの値段のものが良いのかについて書いていきたいと思います!

ギターの値段について

そもそも高いギターと安いギターは、どこで値段の違いが発生しているのでしょうか。

ざっくり分類すると

  1. 木材の値段(希少価値)
  2. 技術料(人件費その他コスト)
  3. 各パーツの値段(ピックアップやブリッジ、電装系パーツなど)
辺りになります。

 

オマケで、海外製のギターであれば輸送料や、問屋のマージン分も上乗せされたりします。

なお、ヴィンテージギターは単純にこれが当てはまる訳ではない為、ここでは新品のギターを前提としています。

 

 

では、これらを踏まえた上でどれぐらいの値段のギターを買うのがオススメなのでしょうか。

 

具体的な額を申し上げますと、初めて買うギターの値段は、一部例外(後述します)を除いては大体5万円前後のものを購入するのが一番オススメです!

5万円「前後」と書きましたが、大体4~6万円ぐらい、というアバウトな認識でOKです。

5万円前後のギターをオススメする理由

エレキギターは安いものだと1万円を切るものから、高いものは車が買えてしまうような、青天井で果てしない値段のものまで様々です。

 

では、なぜ5万円ぐらいのギターが良いのか。

主な理由は以下のとおりです。

  1. この価格帯ならば、最低限しっかりした作りになっている
  2. 将来的にもっと良いギターが欲しくなったとしても、サブ機として十分に活躍可能な性能
  3. 更に高いものを最初に買うと、後々後悔するポイントがいくつか存在する
順番に細かく見ていきましょう。

 

①最低限、作りがしっかりしている

まずギターの値段と品質の関係ですが、大体20万円ぐらいまでの価格であれば値段と品質は比例する、と考えても問題ないかと思います。

 

高いギターについて

20万円以上するような高いギターについては、単純に値段が上がれば上がる程それに比例してスペックも上がる、と言うよりも

「既に必要十分な性能を持った上で、それぞれが持つ付加価値の種類によって値段に差が出ている

といった感じです。

早い話が好みの世界なんですね。

 

20万円未満であっても、例えば

「派手なキルトトップのギターが欲しい」
「〇〇社のカスタムショップ製が欲しい」

といったようなこだわりが無く、特殊な仕様でも無いのであれば10万円台でも十分な品質を持つギターも多いです。

 

実際、10万円台以下のギター(Fender Stratocaster American Standard、Gibson Les Paul Studioなど)を使用しているプロも数多くいます。

 

安いギターについて

では今度は逆に、例えば1万円程度で買えるようなとんでもなく安いギターはどうなのでしょうか。

 

音に関しては人それぞれ好みは違いますし、後から改造したり音作りである程度何とかなる部分もあります。

しかし、根本的にギター自体の作りが安かろう悪かろうなので、音質以前の問題で作りが悪いものが多いのです。

 

 

ここまで売値が安いとなると、当然ながら製造コストは極限まで削られます

木材・パーツ等が低品質である事に加え、配線や組み込み等の人間による手作業が必要な部分に関しても、コストが削られます。

 

という事は、このクラスの安いギターになると演奏に支障が出るレベルの不具合を持っている可能性が高くなります。

例えば、弾き始めるとすぐにチューニングが狂う・オクターブチューニングが合わない・どこかのパーツがすぐに取れた…等々。

 

マトモに使えるようにメンテナンスや改造を施していたら、最初から5万円前後のギターを買っていた方が安かった、なんて事もあります。

一例を挙げると、日本の楽器店でフレットの交換をお願いした場合、それだけで軽く3~4万円は掛かります

 

 

ある程度経験があって、自分でメンテナンスや改造を行う前提で安物を買う事は問題ないと思います。

しかし何も分からない初心者の状態で、故障率の高い安物を購入するのはオススメできません

 

5万円前後のギターについて

では、5万円前後のギターならば作りは全く問題ないのか。

正直言って、やはり高いギターと比べると木材は安価なものが使われていますし、細かい処理の部分などに品質の違いは出てきます。

 

しかし品質を求め過ぎると値段は高くなりますし、ある程度妥協するラインを設定しなければなりません。

 

 

結局はどこまで許容出来るのかという話なのですが、5万円前後が「致命的な不具合の可能性が低い」ギターの、1番安価な価格帯であると思います。

 

 

余談ですが、最近私が1番よく弾いているギターは5万円ぐらいの値段です。

最近ネット通販で買ったこのギター、フタを固定するネジ山が1ヶ所開いていないという不具合がありました。

演奏に支障はないので放置しましたが、このぐらいの値段でもこんな不具合がある可能性はゼロではない、という事ですね…。

②サブ機としても十分に活躍可能な性能

ギターを買い、頑張って練習を積み重ね、ある程度上達してくると多くの方が1度は思うのではないでしょうか。

「ある程度弾けるようになってきたし、もっと良いギターが欲しい」

 

多少弾けるようになってきた事で、今のギターで不満なところ自分の求める仕様がハッキリとしてきます。

そういった「今の自分が理想とする仕様」に近付く新しいギターを手に入れたら、従来のギターはサブ機となります。

 

サブ機となると、普段の使用は当然ながら新しく買ったメインギターに移ってしまう為、弾く頻度は従来と比べて減ってしまいます

 

サブ機の出番がやって来るパターンというのは、例えば

  • ライブ直前にメインギターの調子が悪く、修理に出してしまった
  • ライブで一部の曲に、メインギターとは違うギターを使いたい

 

といったように、2本目のギターとして使用する事などが多いかと思います。

 

 

最初に高いギターを購入していた場合、普段はあまり弾かないサブ機として置いておくのはもったいないですよね。

かと言って、安過ぎるギターだといざ出番がやってきた場合、メインのギターと比べるとクオリティ的に心配です。

 

5万円前後ぐらいのギターであれば最低限の品質を持っているので、たとえメインギターの座から退いても、サブ機として長く使用する事が出来ます

置き場所の問題もありますし、家などで個人的に楽しむだけであれば、新しいギターを買った時点で以前のギターは売ってしまっても問題ないかと思います。

しかし定期的にスタジオやライブなど、外に出て演奏する事を考えているのであれば万が一の時に備え、最低1本は予備のギターを持っておいた方が良いですよ!

③最初に高いギターを買うと、後悔する可能性が高い?

「自分は絶対に途中で投げ出さないし、長く使いたいから最初から高いものを買いたい」

などと思う方もいらっしゃるかもしれません。

 

最終的には購入される方の判断なので、それを間違いだとは思いません。

 

とはいえ、やはりオススメしないと書いたからにはそれなりの理由があります。

 

 

私が1番最初に高いギターをオススメしない理由としては、主に以下の2つです。

  1. 万が一飽きたり挫折した場合、買ったギターが高ければ高いほど、無駄な出費となる
  2. 自分の好みが変わると、買い替えたあと弾かなくなる可能性がある

 

①ギターを辞めた時の無駄な出費が大きい

これはよく言われている事であり、考えてみれば当たり前ですよね!

 

もしギターに飽きてしまったり、挫折して弾く事を辞めた場合、ギターに費やした出費はムダになってしまいます。

そうなると買ったギターが高ければ高いほど、経済的な損失も大きくなってしまいます。

 

ギターを売ってしまえば多少は取り返せますが…ブランドにもよりますが、中古ギターってヴィンテージでもない限りはあまり高く売れないんですよね…。

 

②自分の好みが変わる可能性

続いて、

「自分は何があっても絶対に頑張り通す固い決意を持っていて、途中で投げ出すような事はない」

そういう強い意志を持った方ならば、どうでしょうか。

 

この場合も、やはり私は最初から高いギターを買う事はオススメしないです!

 

何故なら、始めたばかりの状況では自分の好みが分からないからです。

 

 

ギターの見た目に関しては、好きで買ったのであればある日急にそれが嫌いになる、なんて事はあまり無いと思います。

 

しかし、演奏性に関わる部分の人の好みは千差万別です。

たとえ周りに詳しい経験者がいたとしても、あなたがある程度弾けるようになってきた時にどんな仕様を好むのか、ギター購入の時点では絶対に分かりません

  • 高いレスポールを買ったけど、アーミングがしたい
  • バンドでコピーする曲の都合上、どうしても24フレットまで必要
  • フロイドローズ式のギターを買ったけど、曲と曲の間にチューニング変更したい

 

上記はあくまで一例ですが、このような問題に直面した場合は解決法として「改造する」または「新しいギターを買う」しか方法がありません。

 

 

このような理由で新しいギターに乗り換えた場合、元々持っていたギターを弾く頻度は激減します

何故なら、今の自分のスタイルに合わないからです。

 

せっかく高いギターを持っているのに、滅多に弾かずにサブ機としてホコリを被るのはもったいないですよね…。

 

 

ですので最初は適度な価格のギターを購入し、ある程度自分の好みが分かってきた段階で自身の経済状況を考慮した上で、高いギターに手を出すのが無難ですよ!

例外

本記事ではここまで「5万円前後のギターを買うのが一番オススメ」と書いてきました。

ここでは、そのパターンに当てはまらない例外についても書かせて頂こうと思います。

 

もし以下のパターンに当てはまるような方ならば、「5万円前後」というのは気にしなくてもいいかと思います。

  1. 超飽きっぽいという自覚がある人
  2. ギターを始めようと思ってはいるけど、元々そんなに乗り気ではないような人
  3. 「ギターが弾きたい」よりも「このギターが欲しい」という気持ちの方が強い人

 

①飽きっぽい人

「ギターを弾いてみたいけど、自分はめちゃくちゃ飽きっぽいので続く自信はあんまりない」

始める前から既にこう思っているならば、正直言って飽きてしまう可能性はそこそこあります

まずはもっと安いギターを購入し、続きそうかどうか試してみても良いかと思います。

 

1~2万円で売っているような安物の入門セット等を購入し、ギターを弾く事が楽しくなってきて今後も続きそうであれば、もう少し品質の良いギターに手を出す流れが無難です。

 

②元々乗り気でない人

自分で書いててこんな人がいるの?と思いましたが…例えば知人に強引にバンドに誘われたりして、あまり乗り気ではないけどギターを始めるという方もいらっしゃるかもしれません。

 

こうなると一番良いのはギターを始めない事ですが、そういう訳にもいかないならば、とりあえず飽きっぽい人と同様に安物の入門セットから始めた方が良いと思います。

 

③欲しいギターが完全に決まり切っている人

このパターンは、例えば

「憧れの〇〇モデルのギターが欲しい!他のギターには興味なし」

のように、どちらかと言うと「弾きたい」と言うよりも所有欲の方が勝っているパターンです。

 

最終的にギターが部屋のインテリアになる事も覚悟の上で高いギターが欲しいという事であれば、後悔しない為にも本当に欲しいギターを購入するのが一番です。

 

最後に

人によってモチベーションや環境も違う為、「この値段のギターを買っておけば絶対間違いない」という値段はありません。

 

ただ、極端に安いギターだとハズレに当たる可能性が高くなるし、逆に高いギターを最初に買うと、飽きて辞めたり、好みが変わって触らなくなった時のリスクも大きくなります。

 

ギターとしての最低限のクオリティが担保された上で、一番安価な価格帯。

それが5万円前後という事です。

 

 

勿論、安いギターでもその人にとっての「当たり」もあれば、高いギターでも「ハズレ」だってあります。

 

安いものはあくまで「不具合がある可能性が高い」訳であって、「絶対に不具合がある」と断言できるものではありません

逆に数十万円クラスのギターでも、「不具合の可能性は0%」とは言い切れないですしね。

 

 

少しでも新たにギターを始める方の参考になれば幸いです!

 

他にもギターの選び方や、初心者向けの練習法についても記事を書いていますので、こちらも参考にして頂ければと思います!

 

よろしければYouTubeチャンネル登録&Twitterフォローお願いします!


2 件のコメント

  • 僕も1本目に高いギターはおすすめしません。
    最初に買う1台は調整やメンテナンスの習得も含めての練習として比較的安価なものが良いと思います。
    僕の経験上ですが、無知ゆえにギターにダメージを与えることが結構ありましたので・・・。

    • コメントありがとうございます。
      実際の経験を踏まえた上での貴重なご意見、嬉しい限りです!
      私も初めて買ったギター(借りパクされて手元にありませんが…)は、自分より詳しい友人(ほぼ素人)に教わりながら
      トラスロッドをいじり倒したせいで、ネックがエライ事になっていたような気がします…。
      高価なギターでの実験は本当におすすめできないですね(笑)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です