【周辺機器】初心者がエレキギターを始めるのに必要なもの一覧!【メンテナンス用品】

レスポールとストラトの比較




こんにちは。
インビンシブル吉岡(@invincible_ysok)です。

エレキギターを買おうとは思うものの、ギター本体以外に何を買ったらいいの?と思う方は結構いらっしゃるんじゃないかと思います。

 

かくいう私も初めてギターを買った時、アンプを一緒に買わなかった為に何日か生音で弾いてましたからね!

 

今回はエレキギターを始めるにあたり、買い揃えるものについて

  • 絶対に必要なもの
  • 出来れば持っておきたいもの
  • お金に余裕があれば持っていてもいいもの

 

という3段階に分けました。

ギターと一緒に買い物をされる際の、参考にして頂ければと思います!

絶対に必要なもの

まず最初に、これがなければ話にならないというレベルの必需品を見ていきたいと思います。

 

最初はなるべくお金を掛けたくないという方や、そもそもお金が無いという方もいらっしゃるかと思います。

そういった方は、まずは最低限この項目のものだけを買っておけばとりあえず何とかなります

 

ギター本体


まずはギター本体です。

書くまでもないかと思いますが、まぁ一応ね!

 

そもそもギターを始めるのにコレ買わないって、ゲーム機を持ってないのにソフトだけ買うみたいなものですもんね。

 

「じゃあギター本体はどんなやつを買えばいいの?」

という疑問については別に記事を書きましたので、以下を参考にして頂ければと思います!

 

 

アンプ

続いてはアンプです。

エレキギターはアコースティックギターと違い、アンプに繋いで音を出すのが前提となります。

 

写真のアンプはMarshallAVT 20という、自宅練習にも程よいサイズで私が家でギターを弾くのに長年愛用しているアンプです。

 

とりあえず初めてのアンプを買うのであれば、そこまでメーカー等にこだわらなくても良いかと思います

 

こんな家庭用サイズで「本格的なマーシャルの音」とか厳しいですし、練習しているといずれはエフェクターが欲しくなると思いますので。

楽器屋で店員さんに予算を伝えて、納得のいく大きさであれば最初はそれでOKです。

 

 

ここを見て頂いている方の中には、家の壁が薄い・家族に迷惑を掛けたくない等の理由で、アンプで音を出せない方もいらっしゃるかもしれません。

そういった方には、アンプの代わりにヘッドフォンアンプというものがありますので、そちらを購入して頂いても良いかと思います。

BEHRINGER ( ベリンガー ) / HA400 Microamp (4chヘッドホンアンプ)BEHRINGER ( ベリンガー ) / HA400 Microamp (4chヘッドホンアンプ)

こんなやつです。

こういった機器を介する事により、ヘッドフォンでギターを音を聴く事が出来る為、大きな音を出せない環境の方にはおすすめ出来ると思います。

 

ちなみに、ギター本体に普通のヘッドフォンを直接差し込んだだけでは音は出ないので注意が必要です。

 

シールド

CANARE ( カナレ ) / LC03 BLACK (楽器用ケーブル3m)CANARE ( カナレ ) / LC03 BLACK (楽器用ケーブル3m)

シールドとは、ギターとアンプ等を繋ぐケーブルの事です。

必要な本数を購入しましょう。

 

ギターからアンプに直接接続なら、1本でOK

間にエフェクターを挟むならその都度、必要本数を追加します。

 

 

安物過ぎるとすぐに接触不良を起こす粗悪品も多いですが、いきなり高級品を買う必要はないと思います。

 

基本的にシールドは消耗品なので、高いものを使用しているとその分お金が掛かります。

もちろん高級品の方が作りは良いので寿命も長いですが、それでも結局は消耗品であり、いずれは接触不良等で買い替えの必要が出てきます

 

最初は3mや5mの長さで、1~2,000円ぐらいのシールドで十分だと思いますよ!

 

ストラップ

FENDER ( フェンダー ) / 099-0681-000 (モノグラムストラップ)FENDER ( フェンダー ) / 099-0681-000 (モノグラムストラップ)

ストラップはギターを立って弾いた時に、肩に掛けて使います。

 

家で座って弾くのがメインであっても、ストラップは使用しましょう。

アンプのボリュームを調整する等、ちょっとした移動の時にわざわざギターを置かなければならないのは面倒ですし、座ってギターを抱えている時に両手を放しても、誤って落とす事もありません。

 

また、いずれライブを考えているのであれば立って弾く練習も必須であるので、ギターと一緒に購入しましょう。

 

チューナー

BOSS ( ボス ) / TU-12EX (ギター/ベース用チューナー)BOSS ( ボス ) / TU-12EX (ギター/ベース用チューナー)

ギターのチューニングをする際に、チューナーは必須です。

 

定番は画像のTU-12EXTU-3辺り(どちらもBOSS製)なのかなと思いますが、財布と相談しつつ見た目で選んでも特に問題はありません。

針の動きや、表示が見やすいものが使いやすいです。

 

 

また、チューナーの他に音叉でチューニングをするという方法もあります。

しかし慣れないと時間が掛かる上に、チューナーを使用した方が遥かに正確に合わせられます。

 

音叉はチューナーよりも安価ですが、「チューナーがトラブルで使用出来なくなった時の保険」ぐらいの位置付けで考えておいた方が良いです。

 

よって、通常はチューナーさえあれば音叉は不要です。

 

ピック

JIM DUNLOP ( ジムダンロップ ) / Tortex Pitch Black Jazz/0.60JIM DUNLOP ( ジムダンロップ ) / Tortex Pitch Black Jazz/0.60

ギターを弾くにあたりピックは必需品です。

 

ピックには様々な材質・形状のものがあり、何が最適かは人それぞれです。

最初はオニギリ型またはティアドロップ型と呼ばれるスタンダードなものか、もしくは好きなアーティストが使用しているピックなどでも良いかと思います。

 

参考までに、私がギターを始めて間もなかった頃はX JAPANのhideモデルであるティアドロップ型のピックを使用していました。(今は同じやつは無いみたいです)

現在は画像のJim Dunlop社製のTortex Pitch Black Jazzというピックの、0.6mmの厚みのものを使用しています。

 

交換用の弦

DADDARIO ( ダダリオ ) / EXL120 エレキギター弦(09-42)DADDARIO ( ダダリオ ) / EXL120 エレキギター弦(09-42)

続いては、ギターの交換用の予備の弦です。

 

ギターを購入した際には弦が張られているので、これいるの?と思う方もいらっしゃるとは思いますが…。

 

最初から張られている弦って、多くの場合張られてから時間が経っています

また、自分自身が買うまでの間に他の誰かが楽器店で弾いたりしている可能性もあるので、そうなると新品の時よりもサビていたりするんですよね。

 

ですので買った時の状態の弦を数ヵ月も交換せずに使用するのは難しい為、あらかじめ数セットの予備の弦を購入しておきましょう。

 

弦の交換頻度は人によって様々ですが、弾く時間が増えれば増える程早く錆びます

ほぼ毎日弾く前提で考えるならば、早い人なら毎日、遅い人でも1~2ヶ月に1回は交換していると思います。

 

後述するフィンガーイーズ等を使用して、メンテナンスする事で多少寿命を延ばす事は出来ますが、それでも限界はあります。

また、演奏中に弦が切れる事もありますので(劣化すればする程切れやすい)、そんな時に予備が無ければ、弾く事が出来なくなってしまいます。

 

常に2~3セットぐらいは予備があるようにしておくと、いつ交換するとなっても安心です。

 

 

人によって使用する弦はバラバラなのでコレがオススメ!というメーカーはありませんが、D’Addario(ダダリオ)Ernie Ball(アーニーボール)の2つが最も有名どころであり、使用しているプロも数え切れない程存在する割にそんなに高くないので、迷った場合はこのどちらかから選んでおけば無難です!

 

あとメーカーの他に、弦の太さも多くの種類が用意されており、太さが異なると弾き心地やサウンドにも大きく影響します

どれが自分に合っているのかはギターを弾いていく中で自分の好みを見つけていくしかありませんが、最初に選ぶのであれば「09-42」「09-46」「10-46」辺りが無難です。

 

弦の太さの見方

ギターの弦の太さは通常インチ(Inch)単位で表示され、例えば上記の「09-42」であれば「1弦の直径が0.009インチで6弦の直径が0.042インチ」という意味になります。

ギタースタンド

ZENN ( ゼン ) / GS1 Black (ギタースタンド)ZENN ( ゼン ) / GS1 Black (ギタースタンド)

購入したギターを立て掛けておくスタンドです。

1台だけ立て掛ける事が出来る、スタンダードなタイプのもので問題ありません。

 

ZENN ( ゼン ) / GSH3 (ギタースタンド)ZENN ( ゼン ) / GSH3 (ギタースタンド)

少し高いものになると、立て掛けるのではなくスタンドにギターヘッドを引っ掛けて吊るすタイプのものもあります。

これだとネックに負担が掛からない上、誤ってギターを倒して破損させてしまう事が防げるので、お金に余裕があるならばこちらのタイプの方がオススメです。

 

フライングVなどのような変形ギターの一部は、こちらのタイプじゃないとそもそも立て掛けられないものもあるので、変形ギターを購入する際はギタースタンドが対応しているかどうか、注意してくださいね。

 

またラッカー塗装のギター(レスポールなど)は、ギタースタンドのゴム部分に長時間触れているとゴムが溶けてギターに付着したり、ゴムに触れていた部分の塗装が剥がれる事があります

上記のヘッドを引っ掛けるタイプを使用したり、またはスタンドのゴムのギターに触れる部分に布を巻くなど、対策が必要です。

 

ニッパー

ギターの弦を交換する際には、交換後に余長をカットする為にニッパーが必要になります。

どんなものでも構いませんので、ニッパーは1つ用意しておきましょう。

ただ小さ過ぎるものは太い弦を切るのに苦労するので、避けた方が無難です。

 

頑張ればニッパーを使わなくても金属疲労を利用して弦をへし折る事も出来るのですが、あくまで可能というだけでメリットは無いので、大人しくニッパーを使用した方が間違いないです。

出来れば持っておきたいもの

ここからは、絶対に必要という訳ではないけれど、出来れば持っておきたいというアイテムになります。

余程予算が無い場合などを除いては、最初のうちに購入しておいた方が無難です。

 

フィンガーイーズ

TONE ( トーン ) / FINGER EASETONE ( トーン ) / FINGER EASE

フィンガーイーズとは、ギターの弦潤滑剤です。

 

要するに、弦の滑りを良くしてフィンガリングをし易くする為のスプレーです。

これをスプレーすると弦がツルツルになってよく滑るので、横移動の多いフレーズを弾く事が多い人は使用率が高いと思います。

 

また、このスプレーには弦のサビ・汚れを除去してくれる効果もあります。

 

私は潤滑剤としてよりも、主にサビ取りとして弦を長持ちさせる為に使用しています

弦というかネックに直接スプレーしたり、クロス(布)に吹き付けて弦に塗布する等使い方は様々ですが、私はティッシュペーパーに軽く吹き付けて、その部分で弦をつまんでサビ・汚れを拭き取っています

 

毎日のように頻繁に弦交換する人は気にしなくても良いかと思いますが、なるべく長持ちさせたいという事であればフィンガーイーズは必須アイテムになってくると思います。

 

ストラップロック

JIM DUNLOP ( ジムダンロップ ) / LOK STRAP (ストラップロック)JIM DUNLOP ( ジムダンロップ ) / LOK STRAP (ストラップロック)

ストラップロックとは、ギターに取り付けたストラップが外れないようにロックするものです。

 

通常、ギター本体にストラップを取り付ける場合はストラップの穴にギターのピンが引っ掛かっているだけの状態なので、少し激しい動きをした場合などに取れてしまう事があります

 

場合によっては思いっきりギターを落としてぶっ壊す事もありますので、ストラップが外れない為の対策はしておきたいところです。

 

 

ストラップロックにも色々な種類があるのですが、私は画像のJim Dunlop社製のストラップロックをオススメします。

このタイプだと、ギター側に加工が不要であり取り付けも簡単、そして値段も非常に安い(1個200円ぐらい。2つで400円)!

見た目が好きじゃないというような人を除けば、これを選ばないメリットは無いと思います。

 

プラスチック製ですが、耐久性もまず問題ないです。

私はこれを使用して今までに10年以上、数十回はライブでも使用していますが、未だに1度も壊れずに使えています。

万が一壊れたとしても、安価なので買い替えが容易なのもポイントが高いですね。

 

 

上記のもの以外だと、金属製のストラップロックがよく使われています。

 

SCHALLER ( シャーラー ) / SECURITY LOCK C (ストラップロック)SCHALLER ( シャーラー ) / SECURITY LOCK C (ストラップロック)

私は昔このSchaller社製のものを使用していた事があります。

 

注意点として、まずギターによってはストラップピンを付属のものに交換する必要があります。(交換自体はドライバー1本ですぐ出来ます)

 

そして金属パーツ同士が接触するのでカチャカチャと接触音が鳴る(演奏には支障ありません)事、そしてこのパーツ同士が接触する事により、長年使用しているとピンが削れてくる事などが、個人的には気になりました。

 

また、プラスチック製に比べるとほんの少しですが値段も高いです(1,500円弱ぐらい)。

 

見た目的に金属製のものを使いたいという人以外は、最初に挙げたプラスチック製のストラップロックの方が、個人的にはおすすめですね。

お金に余裕があれば持っていてもいいもの

ここではギター購入時点ではそこまで必須ではないものだったり、または買うかどうかは財布と相談、というものを取り上げたいと思います。

 

エフェクター

BOSS ( ボス ) / OD-3 (ギター用エフェクター/オーバードライブ)BOSS ( ボス ) / OD-3 (ギター用エフェクター/オーバードライブ)

エフェクターはギターから出る電気信号を加工し、音色を変える事が出来るアイテムです。

 

あまりにも種類が多過ぎる為にここで全部を説明する事は出来ないのですが、ギターを始めておそらく一番最初に欲しくなるのは歪み系エフェクター(オーバードライブやディストーション等)である事が多いのかな、と思います。

家庭用の小さいアンプは、あんまり歪まないものが多いですし。

 

所持しているアンプで歪ませる事が出来ない場合、歪み系エフェクターを持っていないと音を歪ませる事は出来ません

ただ多くのアンプは少しぐらいは歪ませる事が出来るので最初はそれで練習し、アンプの歪みでは物足りなくなったり、お金に余裕が出来たら購入するのが良いかと思います。

 

歪み系以外のエフェクターについても、必要性を感じた時に買い足せばOKです。

 

レモンオイル or オレンジオイル

HOWARD ( ハワード ) / Orange Oil (オレンジオイル)HOWARD ( ハワード ) / Orange Oil (オレンジオイル)

レモンオイルまたはオレンジオイルは、ギターのメンテナンス用品の一つです。

 

主にギターの指板に付着した汚れを取り除き、乾燥を防いでくれる働きがあります。

弦を交換するタイミングでギターの掃除をする際に使用します。

 

私は画像のオレンジオイルをティッシュペーパーに染み込ませ、指板の掃除をしています。

 

かれこれ10年以上はこのオレンジオイルを使用していますが、ケチり過ぎているのか分かりませんがまだ1/5程度しか減っていないので、おそらく一生使い切る事はないと思われます。使用期限とかあるんかな…。

 

ストリングスワインダー

ARIA ( アリア ) / AW-1 (ストリングスワインダー)ARIA ( アリア ) / AW-1 (ストリングスワインダー)

ストリングスワインダーとは、ギターのペグを回す際に使用するハンドルです。

手で回しても全然問題ないのですが、弦交換時など大量に回す際はこれがあると便利です。

これがあると便利という事で、別名アルトベンリとも呼ばれています。

 

私は以前持っていましたが、紛失したので今は使用していません。

 

ドライバー

ギターのメンテナンスや調整をする時に、ドライバーが必要になる事があります。

 

例としてピックアップの高さ調整、ピックガードの取り外し、その他一部のパーツの取り外し等(多くがプラスドライバー)。

 

既にお持ちであればそれで問題ありませんが、持っていないのであれば用意しておいても良いかと思います。

 

六角レンチ

ギターの弦高調整など、各種調整に六角レンチが必要になる事は多いです。

 

ただ、ギターを購入した際に必要最低限の六角レンチが付属している事が多いので、そこまで気にしなくても良いかもしれません。

紛失してしまったり、パーツを交換した場合などは新たな六角レンチが必要となりますので、その際に改めて購入する、ぐらいで良いかと思います。

 

購入の際は、規格がインチとミリの2種類ありますので、どちらが必要かを事前に調べた上で間違えないように注意しましょう。

大体同じサイズだからといって違う規格のレンチで調整すると、六角穴の破損に繋がります

 

大まかにはアメリカメーカーの機器はインチ規格、日本やヨーロッパメーカーの機器はミリ規格のものが多いです(例外あり)。

 

接点復活剤

ELECTRO-HARMONIX ( エレクトロハーモニックス ) / Metal Contact (接点復活剤)ELECTRO-HARMONIX ( エレクトロハーモニックス ) / Metal Contact (接点復活剤)

エレキギターは電子機器ですので、ある程度使用しているとケーブルの接続部分や、各種スイッチに不具合を生じる事があります。

 

具体的には、ボリュームノブを回すとガリガリとノイズが出たり、シールドを接続しても接触が悪く音がしっかりと出ない、といった症状です。

これは断線には至っていないけれど、金属の接触する部分がサビや汚れ等で接触不良を起こしている事が原因ですので、そんな時にこの接点復活剤を使用します。

 

使用方法としては、接触不良を起こしていると思われる部分(ノブの根元やギターのジャック部分)にこの接点復活剤を吹き付け、何回かノブをグルグル回したりシールドの抜き差しを行います

交換が必要なほど劣化していなければ、これでとりあえずは治る事が多いです。

 

ギターを買ってすぐに必要になるようなものではありませんが(買ってすぐ接触不良を起こすようなら、それははんだ付け等の配線処理が元々悪いと思われます)、余裕がある時に1本用意しておくと、いざという時に重宝します。

最後に

今回はギターを始めるにあたり、とりあえず必要そうなものをピックアップしました。

 

最初のうちは飽きて辞めてしまう可能性もあるので、上で挙げた必要最低限のものだけ買って練習するのも良いと思います。

しかし「楽しむ」事がモチベーション維持、ひいては上達に繋がると思いますので、安物でも良いのでマルチエフェクターも一緒に買って「こんな音を出す事も出来るのか!」と自分でサウンドを模索するのが、個人的にはおすすめですね。

 

少しでも皆様がギターを始める際の参考になれば幸いです!

 

よろしければYouTubeチャンネル登録&Twitterフォローお願いします!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です