【初心者向け】基本的なギターコードの種類や押さえ方を徹底解説!【まずは簡単なコードから】




こんにちは。
インビンシブル吉岡(@invincible_ysok)です。

 

今回はギターを始めて間もない初心者の方へ向けて、

早いうちに覚えておきたい基本的なコード

について、押さえ方綺麗に音を出すコツなどを細かく解説していきたいと思います。

 

ここに紹介しているコードを覚えたら、複雑なコードが出てこない曲ならば弾き語りなども出来るようになりますよ

 

 

中にはギターを始めて間もない状態だと押さえるのが難しいコードもありますが、上手く押さえられない場合の別の弾き方なども書いています。

出来ないものは後回しにしても大丈夫ですので、焦らずに自分のペースで頑張ってくださいね。

 

コードが少し押さえられるようになってきたら、コードチェンジを速める為のコツこちらの記事に書いていますので、参考にして頂ければと思います!

コードの基本知識

まず初めに、コードに関しての基本的な知識を少し書きたいと思います。

既にご存知の方や、「とりあえず押さえ方だけを知りたい」という方は、この項目は飛ばして頂いてもOKです。

 

「音楽の知識が全然無いので、コードというものがよく分かっていない

といった方は、ご一読頂いた方が後々の理解が早くなるとは思いますよ!

(訳分からん!ってなったら飛ばしてください)

 

2つ以上の異なる音の塊=コード(和音)

まず「コードとは何か」についてですが、

2つ以上の高さの異なる音が、同時に鳴っている状態の音

と思って頂ければOKです。

 

 

学校の音楽の授業で「ドレミファソラシド」は習った事がありますよね。

 

このうちのどれか2つ以上、例えば「」と「」が同時に鳴った音。それがコードです。

 

 

「2つ以上」なので、3つまたは4つ以上の音が同時に鳴ってもOKです。

 

ちなみに日本語では、「複数の音を足す=音の和」という事で「和音(わおん)」と呼びます。

音楽用語は基本的にイタリア語なので、「ドレミファソラシド」もイタリア語です。

英語では上の画像のように、「CDEFGABC」のアルファベットで表現します。

後述しますがコードの名前は英語で表現するのが一般的なので、英語での音名表記に慣れていない方はこれを機に覚えてしまいましょう!

現代音楽は三和音と四和音が基本

現代音楽では、

3つの音を同時に鳴らした音=三和音

または

4つの音を同時に鳴らした音=四和音

コードの基本となっています。

 

もちろん2つの音で作られたコードや、5つ以上の音で作られたコードなども存在します。

 

ただ、ポピュラーミュージックの9割ぐらいは三和音か四和音で作られているので、まずはここを覚えておけば間違いありません

(9割っていうのは適当ですけど、とにかくそれぐらい多い)

 

 

ちなみに、今回ご紹介するコードは全て三和音です。

 

四和音が無い理由ですが、四和音は

「三和音の持つ雰囲気をベースとして、そこへ1音足す事により更に細かいニュアンスを付加したコード」

が圧倒的に多いのです。

 

つまり、多くの場合曲の雰囲気の決め手となっているのは三和音なんですね。

三和音こそが基本の中の基本と言っても良いと思います。

 

ですので四和音は別の機会にご紹介するとして、とりあえず今回は三和音に絞ってご紹介していきたいと思います。

 

選ぶ音によってコードの雰囲気が決まる

仮に3つの音を同時に鳴らすとして、どの音を選ぶかによって音の雰囲気が変わります

 

「ド」「ミ」「ソ」の3つを同時に鳴らすと「明るい雰囲気」のコード。

「ラ」「ド」「ミ」の3つを同時に鳴らすと「もの悲しい雰囲気」のコード。

 

詳しい話は省略しますが、これは

同時に鳴る音と音の音程差が、どれぐらいあるのか

によって、「明るい雰囲気」だったり「もの悲しい雰囲気」だったりがある程度決まっている為です。

(もちろん、人によって聞こえ方は個人差がありますけどね)

 

コードにはそれぞれ名前が付けられている

音と音の間隔によってコードの雰囲気が決まる訳ですが、その

「任意の間隔で並べられた複数の音」

には、ルールに基づいて名前(コードネーム)が付けられています

 

例えば

(CEG)の音が並んでいる場合」は、「Cメジャー

といった感じです。

まずは「メジャー」と「マイナー」から

今回は全部で6個のコードをご紹介するのですが、コードの種別としては「メジャーコード」「マイナーコード」の2種類だけです。

たった2種類ですが、この2つがほぼ全てのコードの基礎となります(例外あり)。

 

ややこしいコードに手を出す前に、まずはこのメジャーとマイナーをしっかり覚える事が成長への近道ですので、まずはここから覚えていきましょう!

 

メジャーコード

メジャーコードとは、「明るい雰囲気」の響きが特徴のコードです。

 

理論的な話になると難しいかもしれないので今回は省略しますが、とりあえず最初はそんな覚え方でOKです。

 

C(ド)が基準になるメジャーコードはCメジャーコードF(ファ)が基準になるメジャーコードはFメジャーコードとなります。

楽譜に記載する場合は、「C Major」「C M」「C maj」など色々な書き方がありますが、単に「C」とだけ記載してメジャーコードを表す事も一般的です。

 

マイナーコード

対するマイナーコードとは、「もの悲しい雰囲気」の響きが特徴のコードです。

 

A(ラ)が基準になるマイナーコードはAマイナーコードE(ミ)が基準になるマイナーコードはEマイナーコードとなります。

楽譜に記載する場合は、「A Minor」「A min」などと書く事もありますが、「Am」のように記載するのが一般的です。

 

専門用語

ここでは、コードに関する知識の中で

これだけ知っていれば、とりあえずは何とかなる

というものをいくつか書いていきます。

 

知らなくてもギターを弾く事は出来るので、面倒だったら読み飛ばして頂いても問題ありません。

が、将来的に色々なコードを覚えていく際には知っておいた方が良い内容ですので、暇な時にでも覚えて頂ければと思います。

 

 

ルート(根音)

ルートとは、コードの中で基準になっている音、と認識して頂ければとりあえずOKです。

Cメジャーコードであれば、「C(ド)」の音がルートになります。

 

例外はありますが、多くの場合コードの中で1番低い音がルート音です。

 

トップノート

鳴っているコードの中で、一番高い音の事。

例えば下から順に「」の3音が鳴っている場合、一番高い「」がトップノートになります。

 

正直、覚えていなくても特に問題はありません。

 

転回系

転回系とは、コード内の音の順序が入れ替わっている状態の事を言います。

 

例えばCメジャーは構成音が下から順に「ド、ミ、ソ」です。

(ドが最低音で、ソがトップノート)

この順序が入れ替わり、「ミ、ソ、ド」のように並んでいるものを転回系と呼びます。

 

音の順序は変わってしまっても、構成音は変化しない(オクターブが変わる音はありますが)為、響きに大きな変化はありません。

 

 

この転回系という言葉は別に覚えていないとすぐに困るようなものではありません。

しかしギターでコードを弾く場合、この転回系の考え方は割とよく使うので、こういう考え方があるという事は覚えておいてくださいね。

 

分数コード

多くの場合、コードの最低音はルート音ですが、たまに例外があります。

その例外を表記する際に、この分数コードを使用します。

(今回は分数コードは出てこないので、読み飛ばして頂いても大丈夫です)

 

例えばCメジャーコードが鳴っているけど、最低音がGの場合など。

そういった場合に

C on G または C / G

といった書き方をします。

 

 

前置きが長くなりましたが、ここから具体的に各コードの弾き方を見ていきたいと思います!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です