【第一回】武器になりそうなギター選手権、開幕!【取扱注意】




こんにちは。インビンシブル吉岡です。

世の中には色々な形をしたギターが存在します。

小さいものから大きいもの、果ては丸いギターから人を刺せそうなぐらいに尖がったギターなど…。

 

 

という訳で今回は、世の中に数あるギターの中から最も攻撃力が高そうな、

武器になりそうなギター選手権

を開催したいと思います!

 

 

司会進行は私、インビンシブル吉岡が務めさせて頂きます。

 

今回はゲストとして、以前にも記事に登場して頂きましたあの方。

このブログが誇る元・訓練された社畜としてお馴染みの吉岡よしお(仮名)氏に、解説をお願いして進めていきたいと思います。

 

※プライバシー保護の為、画像を一部加工しております

 

こんにちは。
よしお
こんにちは!吉岡よしお(仮名)です。今日はよろしくお願いします。
よろしくお願いします。

とうとう始まりましたね…今回は武器になりそうなギター選手権という事で、かなり奇抜なギターが登場してくると予想されます。

よしおさんから見て、どのようなギターが有利になると思われるでしょうか。

よしお
いやー、楽しみですね!

今回登場するギターは、どれも確実に人を殺められる性能を持っていると思いますので、甲乙付け難い勝負になると思います。

強さの基準はいくつかありますが、今回は「どれだけ鋭いか」というのが一つの大きなポイントになってくると思いますね。

本大会は数あるエレキギターの中から予選を勝ち抜いた、合計6本のギターがエントリーしています。

また、個人制作レベルのギターまで含めると完全にアウトなギターも存在するような気がするので、本大会は

  • ギターメーカーが制作し
  • 最低限の認知度があり
  • 実際に売っている(売っていた)

という出場条件を設けております。

 

では早速、勝負の行方を追っていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いします。

 

ギターはあくまで楽器なので、決して武器として使用しないでください!!

<スポンサーリンク>

エントリーNo.1 B.C.Rich / KING V

出典:https://en.wikipedia.org/wiki/Kerry_King

 

まず最初に登場するのはこちら。

変形ギターの雄、B.C.Richが誇るKING Vです。

ギター本体もさる事ながら、持っている人も完全にカタギには見えません

よしお
初っ端からいきなりとんでもないギターが出てきましたね。

このギターは、スラッシュメタルの大御所バンドであるSLAYERのギタリスト、ケリー・キング氏のモデルですね。

見た目の通りボディがアルファベットのVの字になっておりまして、先端が尖っている為に非常に攻撃力の高いギターとなります。

このギターはギブソン社のFlying Vの亜種モデルと言えなくもないギターですよね。

ただ、ギブソン社のギターはボディ先端がもっと丸くなっています。

 

参考:GIBSON Flying V

 

よしお
はい。そこなんです。

ギブソンのフライングVだと、せいぜい相手を「突く」事によりダメージを与えるレベルですが、キングVの場合は完全に「刺す」事が出来るレベルに進化しています。

また、ボディだけではなくヘッドも鋭利である為、双頭槍のような使い方が出来るのも非常にポイントが高いですね。

なるほど。
よしお
梅澤春人先生のマンガ「BOY」では、不良に襲われた女の子を守る為にフライングVを武器に戦う少年の描写がありました。

少年は不良共を蹴散らした代償として、買ったばかりのフライングVを壊してしまうという結末を迎えます。

ただ、もしもこの時に使われていたのがフライングVではなくキングVだったならば、おそらく過剰防衛でお巡りさんにパクられていた可能性が高いですね。

それ程までにキングVの攻撃力は高いという事ですね…。
よしお
はい。

間違いなく本大会の優勝候補の一角であると思います。

ケリー・キング氏のバンド、スレイヤーは直訳すると「人殺し」。

もう完全に殺る気満々ですね。

よしお
一発目にこのようなギターが出てくるあたりに、この大会のレベルの高さが伺えますね。

観戦者の皆様におきましては、くれぐれもギターを武器として使用する事のないよう、ご注意頂きたいと思います。

思ったよりも武器感が強いので、本当に使ってしまうとシャレにならないですもんね。

 

では、次のギターに参りたいと思います。

 

エントリーNo.2 ESP / HEAT-HAWK

出典:http://gakki-soko.com/1873/

 

次のエントリーはこちらです。

ESPバンプレストが共同で制作した、ヒートホーク・ギターです。

ギターっていうか、もはや斧ですね。

よしお
こちらは「機動戦士ガンダム」に登場するザクの武器、「ヒートホーク」の形をしたギターですね。
こちらは本物の凶器である斧をモチーフにした形状である為、「武器になりそう」と言うよりは「武器そのもの」と言える気がします。

かなりポイントが高いのではないでしょうか?

よしお
確かに見た目が武器そのものである為、一見して攻撃力は高いように見えますね。

しかし、案外このギターの攻撃力はそこまででもないというのが実際のところでしょう。

それは何故ですか?
よしお
冷静に考えて頂きたいのですが、これはあくまで「斧の形をしたギター」であり、「斧」そのものではないんですよね。
それはそうでしょうが…。
よしお
つまりこの形状で本当に攻撃力を高めてしまった場合、それはもはや単なる斧であり、警察が黙っちゃいない訳なんですよ。
なるほど…!

つまり攻撃力に関しては敢えてオモチャ感を出さないと、所持すると銃刀法に引っ掛かってしまう為に攻撃力を下げざるを得ないという事ですね。

よしお
そういう事です。

あくまでこのギターは、玩具である事が大前提となっているのです。

登場した瞬間はかなり期待が持てましたが…失礼ながらそうなると結構見掛け倒しと言うか、本大会でのポイントはあまり高くなさそうですね。
よしお
そもそも私あまりガンダムの事知らないですしね。
採点にそういう私情を挟むのは止めてください。

 

エントリーNo.3 GIBSON / レスポール

レスポールカスタム

 

次のエントリーはこちらです。

エレキギターの代表的存在である、ギブソンのレスポールです。

よしお
やはり出てきましたね。

歴史を感じさせるフォルムに漂う風格、そして重量級の破壊力。

ナッシュビルの巨人」レスポールの登場です。

レスポールは先程までの2本と違い、全体的に丸いフォルムをしています。

他のギターのように「刺す」タイプではなく、純粋に「殴る」タイプのギターですよね。

とはいえ他のギターも刺すだけではなく、当然ながら殴打にも使用できます。

そうなると、刺す事に使えないレスポールは若干不利ではないかと思うのですが…?

よしお
確かにレスポールは使い方が限定されますし、もっと言うならば使用者も限定されます

ただ、レスポールには他のギターにはない大きな「強み」があるのです。

まさか…!
よしお
はい。

ストラトタイプや一般の変形ギターと比べて、目の詰まった重いマホガニーボディによる、強力な一撃を持っているんです。

確かにレスポールのボディは一般的に重めである為、殴打した時の破壊力には目を見張るものがありますね。
よしお
それだけではありませんよ。

これは非常に地味なポイントではありますが、レスポールはコンター加工されていません

つまりボディが角ばっている為、ここをピンポイントに当てられた時の攻撃力は想像を絶するものがあるでしょうね。

…!!
よしお
ただ先程も話にありましたが、重量級のレスポールを難なく振り回すには相当な筋力が必要となります。

常日頃から肉体の鍛錬を続けている者のみが使用できる、選ばれし武器と言えます。

ザック・ワイルドみたいなタイプの方でしょうね。

まぁ、あの人は素手でも十分強そうですけど。

<スポンサーリンク>

エントリーNo.4 IBANEZ / Steve Vai Model

IBANEZ ( アイバニーズ ) / JEM7V-WhiteIBANEZ ( アイバニーズ ) / JEM7V-White

 

次に登場するギターはこちらです。

これは…アイバニーズスティーヴ・ヴァイのモデルに見えますが…普通のストラトと大差ないシェイプです。

 

正直、このギターが本大会に出場した理由が私には分かりかねます。

何故このギターがここまで勝ち抜いてきたのでしょうか?

よしお
確かにこのギターは、一見してよくあるストラトタイプのギターの一種であると言えますね。

ただ、このギターには他のギターにはない大きな特徴があるのです。

このギターの特徴…。

ディマジオ製のピックアップ「Evolution」を搭載したHSHタイプ、薄く弾きやすいネックにロックタイプのトレモロブリッジ。

非常にバランスの良い優秀なギターという印象ですが。

よしお
他に特徴はありませんか?
あとは…強いて言うならば、取っ手用の穴がボディに空いている事ぐらいでしょうか。
よしお
そう、そこです。
この取っ手が、武器として使用するのに大きな特徴となるのですか?
よしお
仮の話ですが、もしインビンシブル吉岡さんがギターを武器として使用する場合、どのようにギターを持ちますか?
それは…。

ボディで相手を殴ったり刺したりという事を考えると、当然ながらネックを握って斧のように持つと思いますが。

ボディ側を持った方が重量バランス的には持ちやすいですけど、形状的に持ちにくい事が多いですしね。

 

って、あ…!!

よしお
気付かれたようですね。

このギターは取っ手があるので、他のギターでは困難な「ボディー側を持つ」という事が非常に容易いギターなんですよ。

なんという事だ…。
よしお
また、通常ネックでギターを持つ場合、重量的に多くの人が両手で構える事になると思います。

しかしこのギターでボディ側を持つ場合、取っ手を握った場合は片手で振り回す事が可能なんですね。

ギター自体の重量も、そんなに重いギターではありません。

確かに単純な攻撃力では他のギターに劣りますが、それを補って余りある機動力がこのギターの最大のポイントなのです。

…とんでもないダークホースの出現ですね…。
よしお
このギターは「ネックを握って戦う」という従来のギターバトルの形態に一石を投じた革命児と言えるでしょう。
想像以上にハイレベルになってきたこの大会。

もう目が離せませんね。

 

エントリーNo.5 ESP / エンジェルギター

出典:http://www.jap-inc.co.jp/gallery/costume/music/takamizawa.html

 

続いてのエントリーはこちらです。

作れないギターは無い」という程に高い加工技術を持つESPより、THE ALFEEのギタリスト高見沢俊彦氏の持つ通称「エンジェルギター」です。

 

これは…まずは何よりも、芸術と呼ぶべき美しいボディに完全に目が奪われてしまいますね。

よしお
エンジェルギターはいくつかの種類があるのですが、その一部は我々一般人にもオーダーが可能なようです。

見た目の豪華さに比例して値段もとんでもない事になっているのですが、実物を見たら納得ですよね。

確かにこれは人件費ハンパないと思います。

話を戻しまして、攻撃力の点でこのギターを見ていきたいと思います。

よしおさんはこのギターについて、どう思われるでしょうか。

よしお
このギターも使用者を選ぶタイプのギターですね。

天使の羽が細かく無数にあるので、突いた時の攻撃力は申し分ないと思います。

また、突くだけでなく羽のギザギザ部分を利用してノコギリのようにダメージを与える事も可能ですので、応用力も高いです。

 

ただやはりボディが大きい為にある程度重い事が予想されますので、このギターを使うにはある程度のパワーが必要となります。

またディテールにこだわって作られている分、振り回すと破損しやすいという諸刃の剣であるとも言えるでしょう。

そもそもギターは振り回すモノじゃないですしねー。

 

さて、今までに登場してきたギターは計5本。

次のギターが、本大会最後のエントリーとなります。

果たしてどのギターが優勝の栄冠を勝ち取る事になるのでしょうか。

 

エントリーNo.6 Edwards / Flying W

出典:https://blogs.yahoo.co.jp/ie310182/47799735.html

 

それでは本大会の最後のエントリーはこちらです。

ESP系列のブランドであるエドワーズのギター、フライングWです。

よしお
優勝。
え??
よしお
いや優勝でしょコレ。
いやいや、今まで色々な武器タイプのギターが登場してきた中で、即答で決めてしまうのは早くないですか?
よしお
だって、これ絶対アカンやつですやん。

完全に人を殺める為にデザインされているとしか思えないんですけど。

確かに、今まで登場してきたギターとは鋭さが違いますね。
よしお
裏世界のダンジョンの宝箱で入手できるタイプの武器ですよね。

まおうのやり(攻撃力:+125)」とか言われた方がしっくり来ますもん。

そう言われてみると、ドラクエの攻略本で見た事があるかもしれません
よしお
ギターというよりも、

凶器に弦を張ったら偶然楽器としても使えた

と言う方が違和感が無いですよねコレは。

ここまで鋭利だと、使用者自身も危険な気がしますね…。
よしお
このギターでケガをせずにライブを終える事は難しいんじゃないでしょうか。
ちなみにこのギターは、日本のヘヴィメタルバンドであるAIONのギタリスト、IZUMI氏のモデルだという事です。
よしお
IZUMI氏はフルピッキング主体の超速弾きで有名な方ですね。
実際にこのギターを使っている動画があるようなので、一応貼っておきますね。

 

 

速弾きもさる事ながら、こうして見てもなかなかのインパクトですね。
よしお
ローポジションからハイポジションに急いで移動する際に、カッタウェイの部分で誤って自分の手を刺してしまわないか心配な構造ですね…。
専用のハードケースがあるとは思うのですが、このギターが入るソフトケースは存在していなさそうですね。
よしお
というか今のご時世、機材運搬時に職質されたら銃刀法違反で捕まりそうな気がするんですけど、大丈夫なのでしょうか。
何はともあれ、本大会に相応しい凄いギターの登場に、私は感動を禁じ得ません。
よしお
ギターの無限の可能性を魅せてくれる、素晴らしい逸品ですね。
さて、これで全てのギターが出揃いましたので、結果発表の方に参りたいと思います。

 

結果発表

それでは、記念すべき第一回・武器になりそうなギター選手権優勝ギターを発表したいと思います。
よしお
もう結果は分かっている気がしますけどね。
うるせえな。

 

それでは発表します!

よしお
(ドキドキ)
優勝は…

 

 

 

 

 

 

出典:https://blogs.yahoo.co.jp/ie310182/47799735.html

 

EdwardsのFlying Wです!!

 

↓BGMとしてご利用ください

 

 

よしお
まぁ、そうですよね
むしろこのギターを見てこの記事を書こうと思ったぐらいのぶっちぎりでしたね。
よしお
良い試合を見せてくれた他のギター達にも、惜しみない賛辞を贈りたいと思います。
第二回は多分ないと思いますが、もし開催されるような事があれば是非とも更なる強者の出場を願い、本大会を終了したいと思います。

最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。

よしお
ありがとうございました。

最後にしつこいようですが、くれぐれもギターを武器として使用しないでくださいね!

 

 

第一回・武器になりそうなギター選手権

- 完 -

 

よろしければYouTubeチャンネル登録&Twitterフォローお願いします!


2 件のコメント

    • コメントありがとうございます。
      コレを持っていらっしゃるのですか!
      私は楽器店でデザイン違いの現物を何度か見た事はありますが、弾いた事すら1度もありません…(;´∀`)
      演奏の際は、どうぞお気を付けくださいませ!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です