音楽 旅行

【イギリス】ゲイリー・ムーア(Gary Moore)のお墓参りに行ってきた話

2017年3月1日

こんにちは。
インビンシブル吉岡(@invincible_ysok)です。

今回は私が敬愛するギタリストである、ゲイリー・ムーア氏のお墓参りに行ってきた話を書きたいと思います。

 

ゲイリー・ムーアのお墓は、イギリスのロンドンから少し離れた田舎町に位置しています。

訪れるにあたって時間や金銭面でのハードルが少し高いですが、いつの日か行きたいと思っている方がいらっしゃいましたら、参考にして頂ければと思います。

 

のどかで良いところですよ!

ゲイリー・ムーア(Gary Moore)

ゲイリー・ムーア(Gary Moore)は1960年代からプロとして活動し、2011年2月6日にこの世を去りました。

シン・リジィ(Thin Lizzy)や、ソロ名義での活動が有名ですね。

脳を直接揺さぶられるような、鋭くエモーショナルなギター演奏が私は大好きでした。

 

ゲイリー・ムーアのギタープレイや曲についてもっと色々書きたいところではありますが、それだけで記事が埋まってしまうので、今は本題を進めたいと思います。

 

お墓の場所について

ゲイリー・ムーアのお墓は、イギリスのブライトン(Brighton)という都市の郊外、ロッティングディーン(Rottingdean)という地域にある聖マーガレット教会(St Margarets Church)の敷地内の墓地にあります。

 

ロンドンから向かう

では、実際にロンドンから教会へ向かいましょう。

日本からロンドンまでどのように行くのかについては、記事の分量の都合上割愛させて頂きますので自力で何とか頑張ってください

 

ロンドン→ブライトン

ロンドンからブライトンまでは、電車で行く事ができます。

ロンドンでの電車の発着駅はロンドン・ヴィクトリア駅(London Victoria Station)です。

 

 

ヴィクトリア駅へは、ロンドンの各地域から地下鉄やバスで向かいます。

地下鉄で向かう場合は、ヴィクトリア線(Victoria Line)、ディストリクト線(District Line)、サークル線(Circle Line)の3路線がヴィクトリア駅に通じています。

 

ここでブライトン行きの電車に乗ります。

 

 

ブライトンまではガトウィック・エクスプレス(Gatwick Express)という特急電車が走っているので、これを利用するのが1番楽だと思われます。

ブライトン駅(Brighton Station)まではガトウィック・エクスプレスで約1時間です。

 

 

ちなみに乗車料金ですが、ロンドンからの往復で30.9ポンドだったので当時のレートで約5,000円です。

 

イギリスに限らず他のヨーロッパの国でもそうなのですが、事前に予約をしておけばもっと安く買える可能性が高いです

私は出発の前日に自動券売機で購入したため、おそらく割引の効いていない正規料金にて購入しています。

もし日程が事前に確定している場合は、早めにネットで予約を行う方がお得だと思いますよ!

 

1時間程度で、定刻通りにブライトンへ到着です。

 

というわけで、無事にブライトンまでやって来る事ができました。

ブライトン→聖マーガレット教会

目的の教会は郊外に位置しているので、ここからは徒歩&バスでの移動になります。

 

上の写真はブライトン駅、下の写真は駅前のストリートです。

教会のあるロッティングディーン方面へ向かうバスの乗り場は、駅から少し離れているのでそこまで歩きます。

 

私が使用したのはここのバス停です。

 

ロッティングディーン方面へは②番のバスに乗る必要がありますが、駅の近隣からの発着はありません

セント・ジェームスズ・ストリート(St James's Street)という通りにあるこのバス停が、②番のバスが走るルートの中ではおそらくブライトン駅からの最寄りです。

 

このバス停までブライトン駅から徒歩で20分前後はかかると思いますので、街歩きしつつバス停を目指します。

 

このバス停で②番のバスを待ちます。

2~30分に1本はあったかと思いますので、そんなに待たずに行けると思います。

 

バスが来たら、いよいよロッティングディーン、そして聖マーガレット教会に向かいます。

 

街の中心部を離れると、一気にのどかな風景に変わります。

街から教会までの距離は大したことはないのですが、バス路線が大回りであること、そして頻繁に途中のバス停に停車するため、30分ぐらいはかかった気がします。

 

 

バスがロッティングディーン地域に入り、「Rottingdean Pond」というバス停に着いたら、そこで下車します。

 

このバス停を降りると、聖マーガレット教会は目の前にあります。

 

 

とうとう目的地に到着しました。

今回の目的であるゲイリー・ムーアのお墓は、教会の建物の右側から奥へ向かった先にあります。

 

ありました。

 

 

遠く日本から、ようやくここまで辿り着く事が出来ました。

 

亡くなる前年の2010年、氏の最後の来日公演が行われました。

仕事を理由に観に行かなかった私は結局、生での演奏を1度も聴いたことがないまま、もう会えない人となってしまいました。

 

 

「忙しいし、また今度でいいや」

…その「今度」は、本当に来るのでしょうか?

今、やらなくても本当に後悔しませんか??

 

 

私個人としても、色々考えさせて頂くことができたお墓参りとなりました。

最後に

教会からブライトン中心部へは、おそらくここまで乗ってきた②番のバスで戻ることができます。

海が近かったため、私は海まで歩きしばらくブラブラしたあと、海岸沿いを走るバスに適当に乗り込み、街へと戻りました。

 

最後に教会内部の写真と、ブライトンの街の写真をいくつか掲載し、終わりたいと思います。

 

聖マーガレット教会内部の写真です。

 

ロッティングディーン遠景。

 

海岸沿い。

 

ブライトン中心部。



-音楽, 旅行

Copyright© 吉岡音楽堂 , 2019 All Rights Reserved.