【有名だけど…】「その曲聴いた事ある!…で、誰?」的な名曲20選!【洋楽】




こんにちは。
インビンシブル吉岡(@invincible_ysok)です。

 

今回はタイトルの通り、

どこかで聴いた事のある曲なんだけど、アーティスト名が思い出せない…誰だったっけ?

的なポジションの洋楽の名曲をご紹介していきたいと思います!

 

要するに良い曲だし有名なんだけど、どちらかというと曲の有名さが先行してしまって「歌ってるの誰?」となっている可能性がありそうな曲を、アーティストと共にご紹介しようという内容です。

 

選定の基準は私の独断と偏見ですので、

「いやいや、コレ知らん奴おらんやろ!」

みたいなモノもあるかもしれませんが、その辺は温かい目で見守って頂ければと思います。

 

では早速、ご紹介していきたいと思います!

順番はランキングではなく、曲名のアルファベット順です!

 

1. Alone / Heart

まず1つ目の曲はコレです。

どこで聴いたかは思い出せないけど、どこかで聴いた事があるような気がする…。

そんな感じのするこの曲、歌っているのはHEARTというアメリカの女性ボーカルのロックバンドです。

 

 

え? 1度も聴いた事ない?

 

悪いけど、「聴いた事あるけど誰か知らなかった」って事にしておいてくれるかな?

今後もこんな選曲が続くんで、そういう事にしてもらわないとこの記事が終わってしまうんで。

 

Alone
Heart
カテゴリ: ロック

2. Are You Gonna Be My Girl / Jet

続いてはこちら!

オーストラリア出身のジェットというバンドの「Are You Gonna Be My Girl」という曲です。

 

どこで聴いた事あるんだったっけな~と思って調べたところ、日本ではCMとかバラエティ番組のテーマソングとしても使われていたみたいです。

 

オーストラリアという事もあり、AC/DCあたりと雰囲気とかは近いものがありますよね。

 

Are You Gonna Be My Girl
JET
カテゴリ: ロック

3. Bohemian Like You / The Dandy Warhols

続いてはこの曲です。

 

先に言っておくと、多分若い人は知らないです。

 

2001年に旧Vodafone(現Softbank)の携帯電話のCMに使われていた曲ですね。

歌っているのはザ・ダンディ・ウォーホルズというアメリカのバンドです。

 

ファンの方には悪いですけど、おそらく日本人の98.2%ぐらいはこの曲の存在を忘れてるんじゃないでしょうか。

正直、私もこの記事を書く為に自分のiPhoneに入っている曲をひたすら調べ上げて発見するまで、この曲が入っている事すら忘れてましたもん。

 

Bohemian Like You
ダンディ・ウォーホルズ
カテゴリ: ロック

4. Born To Be Wild / Steppenwolf

続いてはこちらの曲!

この曲は多くの方が聴いた事があるかと思います。

ハーレーに跨って荒野を疾走する情景を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。

 

色々なバンドがカバーしているので、もしかしたら聴いた事があるのはカバーバージョンだった、みたいな事もあるかもしれませんね。

 

この曲のオリジナルを歌っているのは、ステッペンウルフというカナダのバンドです。

1968年の曲という事で、もう半世紀も昔の曲になるんですね!

 

まさにロックの歴史に名を残した名曲です。(でも曲に対してバンドの知名度が…)

 

ワイルドで行こう (From “Easy Rider”)
ステッペンウルフ
カテゴリ: ポップ

5. Calling You / Jevetta Steele

続いてはこの曲。

ジェヴェッタ・スティールという歌手が歌うこの曲は、「バグダッド・カフェ」という有名な映画のテーマ曲として使用されています。

 

透き通るような歌声と、暗いながらもどことなく神秘的な曲のマッチングが素晴らしいですね。

 

なお、映画の方は私は観た事がありません。(マジすまんな)

 

Calling You
ジェヴェッタ・スティール
カテゴリ: サウンドトラック

6. Don’t Cry / Asia

続いての曲はこちらです。

イギリス出身のバンド、エイジアの「Don’t Cry」です。

 

え? この曲も聴いた事ない?

そんな事ないよ! 絶対聴いた事あるから!

どこで聴いた事があるのかは分からないけど、なんか聴いたことある感するでしょ!?

 

 

ちなみにこのエイジアって、今まで在籍していたメンバーが凄いんですよ。

ギタリストだけ見てもスティーヴ・ハウとか元メガデスのアル・ピトレリとか、果てはガスリー・ゴーヴァンとか。

という訳でみんなもギターを弾こう(提案)。

 

Don’t Cry
エイジア
カテゴリ: ロック

7. Do You Want To / Franz Ferdinand

続いてはこの曲。

イギリス出身のフランツ・フェルディナンドというバンドの「Do You Want To」という曲です。

 

何か聴いた事あるよね!?

私も確実に知っているけど、どこで聴いたのか思い出せないので調べたところ、ソニーのウォークマンのCMで使われてた事があるみたいです。

ほれっ! 聴いた事あったやろ!(強制)

 

Do You Want to
フランツ・フェルディナンド
カテゴリ: ポップ

8. El Bimbo / Paul Mauriat

続いての曲はこちら。

これはインスト曲なのですが…もう分かりますよね?

 

そう、いわゆる「手品の曲」です!

 

ポール・モーリアというフランスの音楽家がアレンジをした「オリーブの首飾り」という曲です。

元々は別の人が作った曲なのですが、このポール・モーリアがアレンジしたバージョンが1番有名ですね。

 

日本ではもはや完全に手品を見る時のBGMになってしまっている感がありますが、物凄く良い曲なので普通に耳を澄ませて聴いて頂きたい!

というか、ポール・モーリアの曲をコメディ調のニュアンスで使用するのやめてあげてっ!(願望)

 

オリーブの首飾り
ポール・モーリア
カテゴリ: クラシック

9. Every Breath You Take / The Police

続いてはこちら。

この曲はイギリスのポリスというバンドの「Every Breath You Take(邦題:見つめていたい)」という曲です。

 

ポリスやボーカルのスティング自体が超有名なので、この記事のテーマに即しているかは何とも言えませんが…

ただこの曲が抜きんでて有名だと思いますので、ポリスを知らない方でもこの曲は聴いた事があるんじゃないかな、と思い今回入れました。

 

Every Breath You Take
ポリス
カテゴリ: ロック

10. Fight For Your Right / Beastie Boys

続いての曲はこちらです。

歌っているのはアメリカのバンド、ビースティ・ボーイズです。

 

この曲も、どこかで聴いた事のある方は多いのではないかと思います。

あと、ギターのリフがDeep PurpleSmoke On The Water紛らわしい事でも有名です。多分。

 

Fight for Your Right
ビースティ・ボーイズ
カテゴリ: ロック

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です