【絶対音感所持者監修】音感テストを作成したのでチェックしようぜ(^o^)丿




こんにちは。
インビンシブル吉岡(@invincible_ysok)です。

突然ですが、あなたは絶対音感を持っていますか?

 

安心してください、私は持っていません\(^o^)/

むしろ相対音感もあまり精度が高くありません(ニッコリ)

 

というわけで、今回は音感をチェックするためのテストを作成してみました。

ぜひともチャレンジしてくださいね!

音感テストのルール

これから順番に、用意された特定の音程の音を聴いて頂きます。

その「音名」を当てるという、とてもシンプルなものです!

 

最後の方には完全な噪音も出てきますので、絶対音感を持っていても人によっては分からないものがあるかもしれません。

噪音(そうおん)…物の擦れる音やドアの閉まる音など、振動が不規則で、振動時間が極めて短く、音の高さが特定できない音。非楽音。

 

また、このテストは絶対音感を持っていない、いわゆる「相対音感を持っている人」にとっては1問目からいきなり難問になると思いますので、ヒントも用意しました。

 

ヒントは同じ音色で違う音程のものを流し、その音名については答えを提示します

そのヒントをもとに、相対音感を駆使して問題の音程を考えて頂ければと思います。

 

監修

今回のテストを作成するにあたり、私にも答えが分からない問題がいくつかありましたので、絶対音感所持者である私の知人のハリネズミ氏に協力をお願いしました。


よって最後の方の問題の解答はハリネズミ氏の感覚次第なところがありますので、もし

「これ答え間違ってるよ」

というものがありましたら、Twitterなどでご指摘頂ければと思います。

 

まぁ、指摘されても私には確かめる術はないんですけどね(;´Д`)

 

 

また、そもそも絶対音感って何?という人や絶対音感って実際どうなん?という人のために、ハリネズミ氏に質問攻めしまくってインタビュー記事も作りました。

絶対音感について詳しく知りたい人は以下の記事も合わせてどうぞ(^o^)丿

 

では、さっそく始めましょう!

第1問 難易度:★☆☆☆☆

では第1問目はこちらとなります。

第1問

 

 

※ ▷を押すと音声が流れます ※

1問目の音色はサイン波です。

 

サイン波とは人工的に作られた音声であり、倍音が含まれないために純粋に「1つの音程の聴き取り」だけを行うのには最適であるかと思います。

 

絶対音感を持っている方ならば、おそらくほとんどの方が分かるのではないでしょうか。

ただ相対音感だけだと、これだけ聴いてもよく分からないですよね…。

 

ヒント

というわけで、先ほどの音声だけでは分からない、という人に向けてヒントを用意しました。

 

ヒント

 

 

※ ▷を押すと音声が流れます ※

このヒント音声の音程は「」になります。

 

この音声と先程の問題の音程差を比較して、問題の答えを導き出してください。

 

この比較作業が早く、正確であるほどに相対音感の精度が高いと言えるかと思います。

 

再生しやすいように、もう1度並べて置いておきますね。

第1問

 

 

※ ▷を押すと音声が流れます ※

ヒント()

 

 

※ ▷を押すと音声が流れます ※

 

解答

それでは解答です。

■解答を表示(ここをタップ or クリック)■

 

正解した人、おめでとうございます!

 

とはいえ残念ながら正解できなかった人も、特に気にする必要もないかと思いますよ。

遊びだと思って気楽にチャレンジしてくださいね(^o^)丿

 

ではどんどん進めていきましょう。

第2問 難易度:★☆☆☆☆

第2問目は再びサイン波です。

第2問

 

 

※ ▷を押すと音声が流れます ※

ヒント()

 

 

※ ▷を押すと音声が流れます ※

このヒント音声の音程は第1問と同じく「」になります。

 

解答

それでは解答です。

■解答を表示(ここをタップ or クリック)■

第3問 難易度:★★☆☆☆

それでは第3問目です。

第3問

 

 

※ ▷を押すと音声が流れます ※

ヒント(ファ)

 

 

※ ▷を押すと音声が流れます ※

今回の音色はピアノです。

 

生ピアノではなく、DAWソフトに入っていた音源で鳴らしています。

単音だけのくせに音質がやたら悪いのは、私の編集の腕が悪いからです。すいません。

 

解答

それでは解答です。

■解答を表示(ここをタップ or クリック)■

第4問 難易度:★★★☆☆

それでは第4問目です。

第4問

 

 

※ ▷を押すと音声が流れます ※

ヒント(レ♭)

 

 

※ ▷を押すと音声が流れます ※

今回の音色はギターです。

 

エレキギターでかなり歪ませた音をアンプで鳴らし、それを安物の会議用マイクで拾っています。

音質の悪さと倍音で、結構聞き取りにくいですね。

 

解答

それでは解答です。

■解答を表示(ここをタップ or クリック)■

第5問 難易度:★★★★☆

それでは第5問目です。

第5問

 

 

※ ▷を押すと音声が流れます ※

ヒント()

 

 

※ ▷を押すと音声が流れます ※

今回の音色はガラスコップを箸で叩いた音です。

 

私たちのような相対音感の人間でも、まだなんとか音程が分かるギリギリのラインでしょうか。

 

ちなみにハリネズミ氏いわく、このあたりが

 

ハリネズミ
音程を聴き取らないように頑張ったら、ただの雑音に聴こえる限界ライン

 

だそうです。

 

つまり、これ以上音程感がハッキリした音は、どんなに頑張っても音程が分かってしまうらしいです。絶対音感すげぇな。

 

解答

それでは解答です。

■解答を表示(ここをタップ or クリック)■

第6問 難易度:バカ

それでは第6問目です。

第6問

 

 

※ ▷を押すと音声が流れます ※

ヒント()

 

 

※ ▷を押すと音声が流れます ※

今回の音色はソファーを手で叩いた音です。

 

そろそろ私たちのような相対音感の人間は置いてけぼりを食らう内容になってきました。

このあたりになってくると、もはや音程を当てるメリットはありません

私も正直この問題を作りながら「俺は一体何をやっているんだろう?」と思っていました。

 

ティンパニのような、音程感の強い打楽器として考えるとまだ聴き取れそうな気も…(気のせい)。

 

解答

それでは解答です。

■解答を表示(ここをタップ or クリック)■

第7問 難易度:頭がおかしい

それでは第7問目、最終問題です。

第7問

 

 

※ ▷を押すと音声が流れます ※

ヒント() ※開始直後はファで始まり、すぐにに移行

 

 

※ ▷を押すと音声が流れます ※

今回の音色は壁を手でさすった音です。

 

…音色って呼んでいいのかコレ??

 

というか、こんなアホみたいな問題をヒントまで確認して答えを考えてくれている人、なんかもうすいません。あなたのことが大好きです。

 

もしこの問題の答えがノーヒントで分かるようならば、あなたは絶対音感を持っているか、もしくは分かった気になっているだけの勘違い野郎のどちらかです。

 

解答

それでは解答です。

■解答を表示(ここをタップ or クリック)■

 

ここまで来ると、もはや「この音程はシだよ」と言われても「へぇーそうなんだ。だから何?」としか思えませんね。

最後に

以上でテストは終了です!

あなたはどれぐらい正解できたでしょうか。

 

前半の4問は、楽器を演奏するのであればヒントを参考にしながらでもOKなので、聴き取りができるぐらいに耳を鍛える事が望ましいかな、と思います(私も頑張ります(^q^))。

後半の3問は、お遊びのようなものだと思って頂ければと思います。

 

 

もし周りに絶対音感持ちだったり、相対音感の精度の高さを自慢するような人がいて、本当かどうかなんかアヤシイと思った場合。

このテストを受けてみて頂ければ、もしかしたら化けの皮が剥がれるかもしれませんね。

その結果もしケンカになっても、私は一切の責任を持ちませんけど。

 

 

それでは皆様、ごきげんよう!

 

👇こんな音楽やってます(^o^)丿👇

4 件のコメント

    • コメントありがとうございます。
      「絶対音感がある=音楽の才能がある」という訳ではないですが、絶対音感を持っていたりまたは相対音感が優れている人は「音楽をするのに有利である事は多い」と思いますよ(^^)

  • 3問目はドに聴こえて、4問目はソ♯に聴こえました( ;∀;)
    これは惜しいのかな?

    • コメントありがとうございます!
      お答えを拝見したところ惜しい答えなので、ある程度の音程差の認識は出来ていると言えると思います\(^o^)/
      大人になってからの絶対音感は厳しいですが、相対音感は鍛えれば鍛えるほど精度が高くなりますので、ご興味があればぜひとも頑張ってみてください(^^)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です