その他

新元号は【令和】に決定!もうすぐ終わる【平成】という時代を振り返ってみた

投稿日:2019年4月1日 更新日:

こんにちは。
インビンシブル吉岡(@invincible_ysok)です。

 

2019年5月1日、現在の天皇陛下である今上陛下が退位されます。

そして新しい天皇として、現在の皇太子であらせられる徳仁(なるひと)親王殿下が即位されます。

 

それにともない本日、「平成」の次の元号が政府より発表されました。

30年超にわたって続いてきた平成の時代が終わり、新しい時代を迎えることになるわけですね。

 

せっかくなので今回は新しい元号を確認するついでに、私たちが今まで生きてきた平成という時代を振り返ってみたいと思います。

新元号は「令和」に決定!

というわけで、「平成」の次の新しい元号は「令和(れいわ)」に決定しました。

 

みなさまは、この元号についてどう思われたでしょうか。

 

正直、思ったより悪くはないんじゃないでしょうか!?

字面や読み方も綺麗ですよね。

ちなみに出典は万葉集だそうです。

 

 

5月1日からは平成ではなく、令和元年としての生活が始まります。

とりあえずは一部のIT系エンジニアカレンダー業界の人以外には、ほとんど影響はないと思いますけどもね。

 

 

平成も30年を過ぎた今、私たち昭和生まれの人間は、たまに若い人から昔の人扱いされることもあります。

そう遠くない未来、今度は平成生まれの人も「昔の人」になってしまう時代が来るんでしょうね…時の流れはおそろしい。

平成を振り返る

これから新しい時代が幕を開けるわけですが、せっかくの機会なので平成という時代を振り返ってみたいと思います!

 

「平成」とひとことで表しても、30年以上もの期間があるので人によって印象は様々だと思います。

 

ひとつひとつの出来事を細かく振り返ると地獄のように長文になる上にほとんどの人が読み飛ばすと思うので、詳しく振り返りたい人にはWikipediaを見ていただくとして、ここでは平成で起こった大きな出来事を30代半ばのオッサンの目線でかる~く振り返っていきます。

 

【平成元年】冷戦終結

まずはじめは、東西冷戦の終結。

 

平成元年、つまり平成の最初に起こった大きな出来事としては、やはり冷戦の終結が一番ではないでしょうか。

正直、この頃に小学校低学年だった私はこのことについて全然記憶にないんですけども、まぁ大人の皆さんにとっては大事件だったのかなぁ、と。

 

ドイツの首都、ベルリンにある壁が街の人々によって破壊される映像は有名ですもんね。

 

若い人にはなんのこっちゃだと思いますが、とりあえず昔のソ連(ロシア)は今よりもっとヤバイ奴だった、という感じですな。

 

【平成3年】ソビエト連邦の崩壊

そんな恐怖のソビエト連邦も、平成3年に崩壊してしまいます。

 

これも私は正直全然覚えていない

ソ連の崩壊よりも、今日はファミコンで何のゲームをしようかな?ということの方が、小学生には重要だったのです。

 

 

私の中でソ連で1番印象に残っていることといえば、当時の友人K君が作った

ソ連のヒゲ剃りはあんまり剃れん

というダジャレです。

 

すいません、どうでもいいですね。

 

【平成7年】阪神淡路大震災

続いては、悲劇の阪神淡路大震災

 

当時私は関西に住んでいたいましたが、私のいた地域は神戸市内と比べると大打撃というほどではありませんでした。

それでもそこそこ被害がありまして、家族で住んでいた文化住宅が半壊するという目に遭ってしまいました。

 

風呂場とか、お隣さんの部屋の灯りが壁のスキマから漏れてましたもんね(笑)。全然笑いごとではないのだが。

 

 

不幸中の幸いにも、私の周りには亡くなった方はいらっしゃらなかったのですが、それでも多くの人が犠牲になったこの地震。

私の中にもいまだにトラウマとして残っておりまして、オッサンになった今でも少し揺れると当時のことを思い出して恐怖で固まってしまいます。

【平成7年】地下鉄サリン事件

阪神淡路大震災と同じ年に起こったもうひとつの未曾有(みぞう)の大事件が、この地下鉄サリン事件

 

最近は世界中でテロが起こっていて、若い人にとってテロとは

「遠い世界のヤバイ出来事」

といった認識なのかもしれません。

 

が、実際に日本でも起きたことがあるんですよね…。

 

当時私はまだ小学生で、更に関西住まいだったので直接の被害はなかったのですが、ニュースで連日報道されていたことをなんとなく覚えています。

この事件以降、日本人の新興宗教に対するアレルギーみたいなものはかなり強くなったような気がしますね。

 

【平成13年】アメリカ同時多発テロ事件

平成13年9月11日に世界を震撼させた出来事が、このアメリカ同時多発テロ事件です。

 

国際テロ組織アルカイダが、ニューヨークのワールドトレードセンター(WTC)や、アメリカ国防総省にハイジャックした飛行機で突っ込んだという事件です。

 

アメリカ本土が他国・組織から攻撃されたのは、1941年の日本軍による真珠湾攻撃以来の出来事です。

 

 

当時、友人と夜更かしして偶然テレビを付けていた私は2機目の飛行機がWTCに突っ込む瞬間をリアルタイムで見てしまいました。

あまりにも非現実すぎて、最初はドラマか映画かな?と思っていました…。

 

ここからアメリカとテロ組織の長い戦いが始まり、テロ組織の首謀者であるウサマ・ビンラディン氏が殺害されたのは10年後の平成23年(2011年)になってからのことでした。

 

【平成23年】東日本大震災

平成23年3月11日、今も記憶に新しい東日本大震災が発生しました。

 

地震発生時に私は大阪にいたのですが、結構長い時間ユラユラと揺れていたのを覚えています。

仕事中だったのですが、揺れ始めたことにより阪神淡路大震災のトラウマからか、しばらくその場で硬直して動けなくなってしまいました。

 

原子力発電所の問題もありますし、1日でも早く復興が進んでほしいものです。

 

 

この震災とは関係ないのですが、同じ2011年に起こった紀伊半島豪雨の時、インフラ系の仕事をしていた私は破壊されたインフラ復旧のため、現地に何度か行ったことがあります。

 

 

熊野川沿いの破壊された景色。

よく見ると、橋の上にも土砂が積もっている

 

 

立ち寄った道の駅にあったトイレの中。

ちなみにこのトイレがあるのは2階です。

 

 

このような災害全般に言えることですが、やはり時間が経つにつれて人は危機意識が薄れていってしまいます。

四六時中考えるのも逆にストレスになってしまいますが、「もし自分が被災したら」みたいなことをたまに考えるだけでも、いざ本当に何かあった時に取れる行動が変わると思います。

 

被害に遭われた方々を偲びつつも、未来志向でポジティブに頑張っていきましょう!

 

 

余談ですが、この熊野川沿いは普段はめちゃくちゃ景色が綺麗な場所なので、ぜひともみなさん遊びに行ってみてください\(^o^)/

 

 

【平成28年】熊本地震

最後に、おそらくまだほとんどの人が覚えているであろう熊本地震

 

平成を振り返ると言いながら書いてるのはほとんど地震のことばかりだと我ながら思いますが、そうは言っても大きな地震が多かったですもんね、平成の時代は。

 

熊本城の石垣の復旧にもまだまだ時間がかかりそうですし、被災者の人が少しでも早く日常生活に復帰できることを祈ります。

 

次はいつ、どこで大きな地震が起きるか分かりませんし、地震が来てもパニックにならないように常日頃から意識しておきたいですね!

そんなこと言っておきながら、2018年の大阪府北部地震では震度6弱を食らってめちゃくちゃビビりましたけども(´Д⊂ヽ

最後に

こうやって大きな出来事を抜き出してみると、悲惨な事件や災害ばかりでエライ時代だったという感じになってしまいました/(^o^)\

まぁ、全国共通の話題になるような大きな出来事なんて、オリンピックみたいなイベントを除いたら大体がネガティブな話題になっちゃいますもんね…。

 

 

私自身は昭和生まれですが、昭和だった頃の記憶はほとんどなく、人生のほとんどを平成の時代の中で過ごしました。

 

個人的には平成の終わり間際にガンになったり局所性ジストニアになったりと結構悲惨な出来事も多かったですが、心機一転して新しい時代をポジティブに生きていこうと思います\(^o^)/

今後ともよろしくお願いいたします!



-その他

Copyright© 吉岡音楽堂 , 2019 All Rights Reserved.