【バンドメンバー募集】メン募サイトを利用する際の注意点について【まとめ】




こんにちは。インビンシブル吉岡です。

現在バンドを組んでいる、またはバンドを組んだ事がある方ならば「バンドメンバー募集サイト」、いわゆる「メン募(メンボ)サイト」を利用した事がある方も多いのではないかと思います。

 

有名どころとしては、with9OURSOUNDSなどがあります。

私もメン募サイトは若い頃に何度も利用した事がありました。

 

ただ利用していて思う事は、失礼ながら非常に変な人が多いんですよね!!

今までに私が遭遇した変な人(というか主に常識のない人)は以前に記事にしました。

 

関連記事:

【プロ志向】メン募サイトで遭遇した個性的な人々を振り返る【地雷】

 

ここでふと

自分も知らず知らずのうちに、非常識な行動を取っていないだろうか?

という事を考える方もいらっしゃるのではないかと思います。

 

自分ではそんなつもりは無くても、知らず知らずのうちに非常識な行動を取ってしまい地雷認定されてどこかで晒されたり、常識を持った多数の方に避けられてしまうのはツライところです。

 

なので今回は、メン募サイトなどを利用してメンバー募集する時や、逆にどこかのバンドに加入希望を出す際に注意すべき点について書いていきたいと思います。

常識で考えたら当たり前の事が多いのですが、なぜかその当たり前の事が出来ていない人は多いのです。

 

逆に言うと、そこをしっかりしていると周りの常識を持った方から理不尽な扱いをされる可能性は少なくなる為、良いメンバーに巡り合える可能性も高くなるのではないかと思います。

 

おそらく大半の方にとっては「何を今更」な内容かと思いますが、なかなか良い人と巡り合えない…という方は今一度、自身の募集内容を見直して頂いても良いかと思います。

 

では、順番に見ていきましょう。

 

<スポンサーリンク>

やり取りは丁寧に

1発目から早速、当たり前の内容なのですが…メン募サイトを利用していると、年齢に関係なくタメ口を使ってこられる方に割と遭遇します。

他には最初は敬語で丁寧な文面なのですが、こちらが年下と分かった瞬間タメ口になったり、またはこちらの方がキャリアが浅いと判断された瞬間から、やたら上から目線になってくるパターンもあります。

 

敬語じゃなくても気にしない、という方もいらっしゃると思いますし、中にはタメ口は堅苦しくて逆に嫌だという方もいるかもしれません。

しかし1度も会った事のない、どこの誰かも分からない人間にいきなり最初から馴れ馴れしく来られたら、「なんだコイツ馴れ馴れしいな」となる方が多いのではないかと思います。

 

私もボーカルを募集していた時、

「歌ってあげてもいいけど?」

的なニュアンスで返事をくれた方がいます。

 

ハッキリ言って、こんな感じの人で上手い人を見た事はほとんどありません。

なぜなら、多少のキャリアがあって本当に上手いボーカルならば、メン募サイトで募集しなくても引く手数多だからです。

 

厳しい言い方ですが、キャリアもあって上手いのに全然メンバーに恵まれないボーカルの方は、性格に難ありの事が多かったです。

本当に周りに恵まれない可哀想な人もいらっしゃるのですが、大抵はボーカルの天上天下唯我独尊な振る舞いに嫌気がさし、周りが離れていくというパターンです。

 

逆にキャリアの無い初心者だったら、尚更なぜこんな尊大な態度を取れるのか、理解出来ませんしね。

 

仮に上手かったとしても、このような初対面の相手にやたら上から目線な人がバンドという団体行動を問題なくやっていけるのか、疑問です。

 

逆に考えると丁寧なやり取りをする事によるデメリットは無いので、それならばわざわざ一定の人に避けられるような言動を取る必要はないですよね。

ですので当たり前の話ですが、メン募でのやり取りはなるべく丁寧に行いましょう。

 

自分がされて嫌な事はしない、という当たり前の話なのですが…何故か出来ていない方が結構いらっしゃるんですよね。

中学生とかなら若気の至りかなぁと思えますが、いい年した社会人で存在するのが恐ろしい。

自分の好み・方向性は明確に

続いてはこちらです。

メンバー募集や加入希望を出す際は、可能な限り自分のやりたい方向性について情報を出しましょう。

プロ志向・アマ志向は当然の事ながら、やりたい曲についても出来るだけ明確にしておいた方が良いです。

 

たまに「ジャンルに囚われず、美しい旋律をベースにしつつも静と動の対比を明確にして云々~」みたいなよく分からないコメントも見かけますが、こんなので相手に伝わる訳が無いのです。

 

この手の文章は、まるで自分のサウンドが唯一無二のオリジナルであるかのようなアピールが凄まじいですが、今の時代に完全なオリジナルなんてほぼ不可能です。

あと、このようなポエム風の世界観を持つ事はバンドにとって悪い事ではないとは思いますが、そのような世界観を魅せるべきなのはリスナーに対してであって、バンドメンバー募集であれば、もっと現実的に分かりやすい方向性を提示すべきです。

 

こんな文章を考えるぐらいであれば、好きなバンドの名前を挙げた方が格段に建設的です。

他に似たようなバンドが無い、と言い切れるぐらい自信があるのであれば、自身の音源をアップすればいいだけです。

 

まとめると、以下の事項についてはなるべく書けるだけ書いておいた方が良いです。

 

  • 自分の年齢(と、求める年齢層)
  • プロ志向 or アマ志向
  • 練習頻度と練習場所(なるべく具体的に)
  • 好きなバンド
  • 自身の楽器歴(ボーカル歴)
  • 作詞・作曲・編曲が出来るかどうか
  • バンドやライブ経験の有無
  • 結成後の方向性について

 

結成後の方向性とは、例えば「最初は〇〇のコピーから始めて、数曲演奏できるようになったらオリジナルも作っていき、ある程度曲が揃った段階でライブしたい」みたいな感じです。

 

名前や顔や住所などの個人情報は置いておいて、それ以外の活動に関する事は箇条書きでも良いのである程度書いておいた方が、応募する側からしても分かりやすいです。

長過ぎると見るのがメンドイと思われかねないので、多少のバランスは考えるべきですが…。

 

<スポンサーリンク>

出来れば音源を用意する

先程の項目と重複するところがあるのですが、募集 or 加入するにあたって音源があれば技量やスタイルを確認しやすいので、用意出来るのであれば用意した方がスムーズになるかと思います。

バンドであればバンドの音源、個人であればカラオケ等で歌った際の録音や、演奏の録音など。

 

音質は重視しない(と思う)ので、最悪スマホで撮った演奏とかでも良いと思います。

コレがあると無いのでは大違いです。

なぜならば、人によって「出来る」の基準は異なるからです。

 

例えば「VAN HALENのYou Really Got Meを弾ける」と言っても、

 

  1. リフをコピーした事がある程度
  2. なんとなく全曲通して弾けている(ような気がする)
  3. ソロも含めて大体問題なく弾けるレベル
  4. サウンドまで含めてほぼ完コピの領域

 

ぐらい、人によっては捉え方が異なります。

さすがに1のレベルで「この曲弾ける」とは言わないだろ~、と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、実際本当にいますからね、これぐらい「コピー」の敷居が低い人って。

 

別にそれを悪い事だとは思わないですが、仮に「You Really Got Meを弾けるギタリスト」を募集したとするならば、おそらく募集する側が求めている技量というのは3ぐらい、もしくはせめて3に近い2ぐらいである事が多いのではないかな、と思います。

 

人によって基準が異なる為、募集側と加入側がお互い合意のもとに集まり、いざスタジオで音出しをしたら

「アレ??」

みたいになる事はあり得ます。

 

それでバンド結成には至らずに、メンバー募集や加入希望をやり直すとなると時間のムダです。

 

双方が音源を持っていたら、このお互いの意識のギャップに関しては解決できる事が多いので、可能であれば音源は用意しておいた方が良いと思います。

良い音源を撮ろうとして、練習にも力が入り上達も早いでしょうしね。

変な人に遭遇しても耐える

これは自身でどうこう出来る問題でもないのですが、メン募を使用していると変な人に遭遇する事が稀にあります。

 

失礼な言い方ですがナチュラルに頭がアレな人や、出会い厨などもメン募サイトに生息しているので、その手の方からメッセージが来た際は、ご注意ください。

注意というか、ガン無視でOKです。

 

私自身は直接やり取りした事ないですけど、メン募サイトで「コネがある」とか言ってる人は、99.9999%他に目的があると思われますので、無視した方が無難です。

本当にプロとのコネクションがある人間が、何故メン募サイトで募集するのか?というハナシですね。

最後に

今回はメン募サイトを利用する際の注意点として、いくつかの項目について書かせて頂きました。

コレを言うと本末転倒なんですけど、私は一番良いメンバー募集の方法は「自身の交友関係から探す」事だと思っています。

 

しかし周りに音楽をやっている人がいなかったり、そもそも私のように友達があまりいない場合は、メン募サイトなどで募集せざるを得ない状況もあるかと思います。

 

なるべく変な人に遭遇しないように、そして自分自身もその「変な人」側にならないように気を付けつつ、良いメンバーと巡り合ってバンド活動を楽しんで頂けたらと思います。

【こんな奴らに気を付けろ】メン募サイトで遭遇したヤバい奴らを振り返る【バンドメンバー募集】

2017.03.14

 

よろしければYouTubeチャンネル登録&Twitterフォローお願いします!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です