【こんな奴らに気を付けろ】メン募サイトで遭遇したヤバい奴らを振り返る【バンドメンバー募集】




こんにちは。インビンシブル吉岡です。

 

「バンドを組みたいけど、周りに楽器をやっている知り合いがいない」
「ある程度メンバーは集まったけど、ドラムだけは全然見つからない」

 

そんな事ってあるかと思います。

 

こうなると、知り合い以外のところから新たにバンドメンバーを探す必要が出てきますよね。

 

自分達と同じくバンドメンバーを探している人とマッチングする手段としては、

  • ライブハウスや練習スタジオに募集の張り紙を掲示させてもらう
  • 音楽雑誌に募集を出す
  • インターネットで募集する

 

このような方法が主流かなぁと思います。

 

しかし、ライブハウスやスタジオに張り紙を持っていくのは億劫だし、そもそもチラシを作るのが面倒臭いという人も多いのではないでしょうか。

 

また音楽雑誌に募集を出すというのは、ひと昔前までは主流だったのですがモロに個人情報(名前・住所・電話番号)を雑誌に載せる為、防犯上のリスクが伴います。

こちらはインターネットの台頭により完全に駆逐されてしまった感があります。

 

さすがにもう今時メンバー募集を載せてる雑誌なんてないですよね?(自分では調べてないので疑問形)

 

 

そんな

直接張り紙を張りに行くような面倒な事はしたくないけど、バンドメンバーは募集したい

という人々にとって心強い味方になってくれるのが「バンドメンバー募集サイト」、いわゆる「メン募(メンボ)サイト」です。

 

今となってはSNSなどに押されて以前に比べると存在感は薄くなっておりますが、まだまだ現役で日本のバンドマンを支えるべくいくつものサイトが運営されております。

 

 

有名どころでは、with9OURSOUNDSなどがありますね。

OURSOUNDSについては私は利用した事はないのですが、with9については昔の事なので記憶は曖昧ですが何度か痛い目に遭った気がしなくもないです。

 

 

という訳で今回は、メン募サイトについて私の実体験を交えつつ、掘り下げていきたいと思います!

<スポンサーリンク>

メン募サイトとは

メン募サイトとは、そのまんまですがバンドメンバーを募集するためのサイトです。

 

メン募サイトでのメンバー募集の大まかな流れは以下の通りです。

  1. バンドメンバーを募集している人はメン募サイトに募集を出し、逆に加入希望の人は公開されている募集に応募する(または、自分以外のメンバー全員を募集)。
  2. その後メール等でお互いにやり取りを行い、話がまとまれば実際に会う事に。
  3. 実際に会って音合わせ&方向性やスケジュール等、詳細の話し合い
  4. 一緒にやっていけそうだとお互いに思ったならば、めでたくバンド結成

 

メン募サイトの登場によりバンドメンバー募集の敷居はかなり下がり、誰でも気軽にメンバー探しが出来るようになりました

 

メン募サイトによくある地雷

では、このメン募サイトを使えばすぐに理想のメンバーが見つかるのかと言えば、当然ながらそんな上手い話は存在しない訳ですね!

 

募集する人によってやりたいジャンルは違いますし、プロを目指すのか、それとも趣味として楽しむのかでも、バンドの方向性は変わってきます。

 

中には明らかに出逢い目的でメン募サイトを徘徊している輩もいれば、バンドを自分専属のカラオケマシーンと勘違いしているボーカルや、そもそも常識が無さ過ぎて意思疎通が図れない人など、色々な人が存在します。

過去に募集して遭遇した人々

メン募サイトを利用した事がない人からすると、そんな奴実際におるんか?という感想を持たれるかもしれません。

なのでここでは私が過去に実際に遭遇した不思議な人達をご紹介し、メン募サイトの闇に迫りたいと思います。

 

なお、

  • こちらの募集に対してメッセージが来たので返信したら無視された
  • 初メッセージの時点で年齢関係なくタメ口

 

この辺りは当たり前過ぎてわざわざ書く程の事でもない為、割愛させて頂きます。

 

募集内容について

まずは過去に私が募集した際の内容です。

昔の事なので詳細は忘れましたが、大体以下のような感じです。

 

VoとBa募集!!

当方Gt(19、♂)、Dr(19、♂)。
2人共中級者で、VoとBaを募集しています。
ジャンルはHR/HMで、プロ志向です。
まずはMATALLICAやGuns N’ RosesやVAN HALENとかのコピーから始めて、いずれはオリジナルをやっていきたいです。
大阪の梅田周辺で1〜2回/1週間ぐらいで活動したいと思います。
中級者だと嬉しいですが、やる気があれば経験は問いません。
連絡待ってます!

 

年齢とか具体的なコピーしたいバンド名とかは適当ですが、こんな感じで募集していたと思います。

当時の腕前を考えると自分達で中級者と名乗っているのは割とイタイ気がしなくもないですが、全体としては可もなく不可もなく、よくあるタイプの普通の募集であると思います。

 

 

ポイントとしては、ドラムがいるというのが大きいですね!

基本的に他の楽器に比べてドラム人口は少ないので、ドラムを抱えた状態で募集を掛けるというのは非常に有利です。

ドラムのみ急募、という募集も多いですからね。

この「ドラムがいる効果」により、何通ものメッセージを頂く事が出来ました。

 

応募する側からすると、ギター担当であった私はおそらく邪魔な抱き合わせだったに違いありませんが、まぁそんな事はどうでもいいです。

 

 

ちなみにドラム担当は当時の私の親友でもあり、私の人生初ライブでボーカルを務めたM君です。

 

歌はそこそこ上手かったのですが、宇宙一シャイであるが故にMCやパフォーマンスがウ〇コ以下だった為、彼は初ライブ後に程なくしてドラムに転向しました。

 

さて、これでどんな人達からメッセージが来るのでしょうか。

 

事例① メッセージを見ていない

まず1発目はこちら。

 

上記のような内容で募集を掛けたところ、早速1通のメッセージが届きました。

ワクワクしながらメッセージを開封。

 

 

俺と一緒にHelloweenのツインリードを奏でませんか?

 

 

なんて返事すりゃいいか分からん。

 

ドイツの有名なメタルバンド、Helloweenをコピーしたいのだろうという事は伝わります。

当時私はHelloweenはあまり趣味ではなかったのですが、それは置いておくにしても私はそもそもギターは募集していない

上の募集要項を見て、何故応募しようと思ったのか訳が分かりません。

 

ついでに年齢や住んでる地域等の情報が一切書かれていないので「いや、あんた誰?」状態です。

かろうじて敬語だった点はプラスポイントですが、それ以外は0点の応募ではないでしょうか。

 

ギターは募集していない上、ボーカルとベースがいないのにこれ以上ギターだけが増えても仕方がない事もあり、丁重にお断りを入れたところ返事は返ってきませんでした

 

事例② 彼氏とヨリを戻したのでバンドを辞めるJK

続いての事例です。

 

このタイトルを見て「彼氏とヨリを戻す」事と「バンドを辞める」事って関係なくねぇ?意味分かんないんだけど?と思った、そこのあなた。

私にも意味が分からないから大丈夫です!

 

 

この人はメッセージのやり取り後、実際に会うところまで話が進みました。

 

女性ボーカルの単体募集・プロ志向・歌の音源無し。

 

この時点で若干の地雷臭はするものの、ライブ経験もあり、音楽性に関してもハードロックも含めて色々なものをやってみたいという事だったので、とりあえず会って話をしましょうという流れになりました。

 

約束の当日、私とドラムのM君がドキドキしながら集合場所である大阪ミナミのアメリカ村に向かったところ、無事に会う事が出来ました

 

こういったバンドメンバー募集では約束当日にドタキャンされたり、そのまま連絡がつかなくなる事もよくある為、とりあえずひと安心です。

こんな当たり前の事でひと安心って、なんかもう悲しいわ

 

いかにもロック!といった見た目ではないのですが、今時のオシャレな可愛い女性といった感じで会話も普通に成り立つ(これ重要)為、あとは歌が上手ければ文句ナシだな、と思い我々も会話が弾みます。

 

バンドの方向性や、今後のスケジュール等について話をしていた際、彼女から「この曲やりたいんやけど〜」と提案がありました。

どうやら、既に我々の分の譜面までコピーしたものを用意してくれている模様。

 

「あれ…もしかしてこの人、凄くデキる人なのでは??」

 

彼女の段取りの良さに、正直私は驚かされました。

もしかして我々は、大当たりを引いたのでは?

用意して頂いた譜面を頂戴します。

 

 

Jitterin’ Jinn / 夏祭り

 

やたら可愛い曲出してきたなオイ。

 

 

頂いた譜面を見てみると、至る所に可愛い落書きが施されており、使い古されたのか紙が全体的にカピカピになっています。

おそらく以前のバンドで使用していた譜面なのでしょう。

 

 

一瞬悩みましたが、つい先程「まずはSHAKALABBITS辺りのコピーから始めましょうか」という話で進んでいたので、どちらにせよ私のやりたかったハードロックからはかけ離れてしまいます。

まぁいいかと思い、夏祭りを含む数曲を次回の初スタジオで音合わせする、という事でこの日の話は終わりました。

 

ベースはまだ見つかっていませんが、継続して募集しつつ間に合うようなら次回のスタジオから合流、間に合わなければとりあえずベース抜きでスタジオ練習する事となりました。

 

そして数日後、彼女から1通のメールが届きました。

 

ボーカル
ごめん、元カレとまた付き合う事になったからバンドやっぱ辞めるわ。

 

 

すまん。意味が分からん。

 

元カレとヨリを戻す事と、バンドの継続に何の関連性があるのでしょうか。

という訳で、一応説得に入る私。

 

確かにバンドで時間取られたりする事もあるだろうけど、ライブに彼氏呼んだらステージで歌ってるのを見てもらえるし、わざわざ辞める必要はないんじゃない?

せっかくこうして縁があった訳だし、とりあえず一緒に頑張ろうよ。

ボーカル
えー、でも今年受験やしなぁ、やっぱ無理やわ。

 

 

 

最初からバンド組もうとすんなや!!

 

 

後日、ドラムのM君にボーカルが辞めた事を伝える私。

 

M君
そうなんや~辞めたんかぁ…。

でも元カレとか、ホンマにそれが理由なんかなぁ?

ホンマはこの前の打ち合わせの時の吉岡がキモかったとか、そんな理由やったりしてな(笑)!

 

しばくぞ。

 

事例③ 兄弟バンドマン(予定)

続きまして3つ目はこちら。

 

ある日、ベーシストだという方から私達の応募を見たとの連絡を頂きました。

年齢は我々よりも1〜2歳上のお兄さんです。

好きな音楽も割と共通しているようで、今回は期待しても良いかもしれません。

 

何通かメールのやり取りをしていたところ、

実は弟にボーカルやらせたいんだけど

という旨のメッセージを頂きました。

 

バンド内に兄弟がいるというのは別に珍しい事でもないし(THE YELLOW MONKEYとかもギターとドラムが兄弟ですね)、ボーカルも見つかるのであれば一石二鳥です。

断る理由もないので二つ返事でOKし、実際に会う事となりました。

 

 

約束の当日、懲りない私とドラムのM君はまたもアメリカ村に向かい、バンドマン兄弟を待ちます。

そして約束の時間になった頃、2人の青年が私たちの前に姿を見せました。

 

 

…いや、何かが違いますね。

確かに1人は間違いなく青年なのですが、もう1人は何かこう、青年と呼ぶには違和感があります

こういう人って、なんて表現したらよかったんでしたっけ?

 

 

そうそう、児童です。

 

ボーカル志望の弟さんは、現役の男子小学生でした。

 

 

年齢差とかは気にしないつもりではありましたが、さすがに小学生というのは…

 

ライブって大体夜に演奏する事が多いですけど、補導とか大丈夫なんでしょうか??

まぁ、ライブ後にお巡りさんに連れていかれるって、ある意味ロックっぽいですけど…。

とはいえ、監督責任的なアレで親御さんに怒られたりするのも嫌ですしねぇ…。

 

 

ベースのお兄さんも我々のそんな空気を察してくれたのか、

「仕方ないしボーカルは他から探すしかないかな」

みたいな事を言ってくれました。

 

そんな訳で、せっかくの縁ではあるのでボーカルの少年には数年間待って頂くとして、ベースのお兄さんとだけでもバンドを組む前提で話をしたいと思います。

 

ちなみにお兄さんは、ベースで今までどんな曲を弾いていたんですか?
お兄さん
あー、ベースはバンドが決まったらなるべく早く買うよ。

俺まだ持ってへんねん。

バイト辞めたから金ないし。

 

 

すいません、さすがに無理でした。

 

事例④ とにかくメッセージを見ていない

続いての事例はこちらです。

なんかもう、思い出すだけで疲れてきますね。

 

ある日、私の募集に対してメッセージが来ていました。

 

 

俺と一緒にHelloweenのツインリードを奏でようぜ!!

 

 

またお前か!!

 

 

お前絶対この前のあいつやないか!

 

丁重にお断りしたところ無視したくせに、何故また再びやってくるの??

もしかしてアレは無視をしていた訳じゃなく、このメッセージが私のお断りに対する返信なのでしょうか?

メンタルの強さハンパねぇな。

 

しかも、前回は敬語だったのに今回は微妙にタメ口になっている点が腹立つ。

前回お断りされた事を自分なりに要因分析して、導き出した対策が「もっと元気にいこう」とかだったのでしょうか。

 

唯一のプラスポイントだった敬語すらも無くなったので文句なしの0点ですね。 0点良いところ無し!!

 

申し訳ございませんが、今回は私が無視させて頂きました。

いや、だからギターは募集していないんだって。

 

事例⑤ 会う前に自分だけクビにされる

これが最後の事例となります。

 

今までと同様に募集を掛けていたところ、メッセージが届きました。

 

どうやら相手は既にボーカル・ギター・ベースが揃っている状態。

我々が合流すれば、めでたくバンド結成となります。

 

この時点で既にオチが読める気がしますが、多分正解ですが最後までお付き合い頂ければ幸いです。

 

 

私はツインギターが苦手なので、出来ればギターは自分だけが良いなぁとは思っていたのですが、この際贅沢は言えません。

何事も経験ですし、ツインギターでもいいかな、と思って彼らとメッセージのやり取りを開始する事となりました。

 

 

ベースの方と私がメール、そして途中からは電話でやり取りを始めたのですが、好みの音楽もそんなに遠くはなく、会話が普通に成立する事もあり話はトントン拍子に進んでいきます。

バンドの大まかな方向性だったり、練習場所や練習頻度の話を終え、とりあえず皆でスタジオに入ろうという事になりました。

 

 

何と言うか…ようやくバンドが決まりそうな予感がして嬉しいです。

 

今まではメッセージを頂いたとしても、ボーカルもしくはベース単体での応募がほとんどだったので、ここで決まれば一気に全パートが揃ってバンド活動が進展します

ようやく久々にライブが見えてきたかも!?

…と、私はノリノリでベースの方と電話でやり取りをしていました。

 

 

そして話も終わりが近付いてきたところで、ベースの方より質問がありました。

 

ベース
すいませんそういえば質問なんですけど、楽器歴は具体的にどれぐらいで、今までにどんな曲をコピーした事があるんですか?
えーと、僕は●年ぐらい弾いてて、▲▲とかのコピーをメインでやってた感じですね。

ドラムは★★な感じです。

そちらはどんな感じでしょうか?

ベース
あー…そうなんだ。
??
ベース
うーん…ごめんね。

悪いけど、多分俺らと君じゃ、レベルが合わないと思う(急なタメ口)

はい。
ベース
だからさ、今回ちょっと君とは一緒にやれないんだけど、いいかな?
(こんな事ってあるんだ…まぁ仕方ないか)分かりました。

それならば仕方ないですね、今回の話はなかった事にしましょう。

ベース
うん。それでさ、君はそうなんだけど、ドラムの子?

連絡先教えてくれないかな?

 

 

ん??

 

 

ベース
ドラム君も、早くライブしたいんでしょ。

話聞いてたら、彼は多分俺らともやっていけると思うし。

ドラム君のメアド、教えてよ。

 

 

ドラムだけが欲しかったパターンでした。

 

 

それにしても露骨過ぎる

 

一体どんな神経していたら、私に対してドラムの連絡先を教えろと言えるのだろうか。

ワシ人間不信になるでホンマ。

 

「そんなの教える訳ないでしょ」的な事を言って拒否していたら何故か段々と相手が私を煽ってきたので、最後はこちらから強制的に電話を切って着信拒否しました

 

電話を切った後にも私の怒りは収まらず、ドラムのM君に電話してカラオケに繰り出し熱唱し、そして何事も無かったかのようにスッキリしてその日は爆睡しました

 

 

慢性的なドラム不足は分かるんですけど、もう少しやり方というものがありますよね。

せめて仮にでも私も含めて一旦バンドを組んだ後、しばらくしてから何かもっともらしい理由を作って私だけをクビにしたら、ドラムが手に入ったかもしれないのに。

 

まぁM君の場合は「吉岡が辞めるんなら俺も辞めるわ~」とか言って速攻で辞めると思いますけど。

 

 

完全に話が逸れますが、高校時代に私とM君が同じファミレスでバイトしていた頃、私がバイトを辞めた事を伝えたら

 

M君
吉岡だけずるいわ!(←意味不明)

俺ももう行かん!でも店長に電話するの怖いからHが俺の代わりに電話して!

 

と言って本当に友人のH君に電話を掛けさせてバイトを辞めた男ですからね。

 

ちなみに店長はH君の成り済ましに気付かず激怒し、それに対してH君がキレて怒鳴り返すという軽い修羅場が繰り広げられていました。

登場人物全員アホや。

 

まぁ店長が怒るのも無理はないですけどね。

バイトを辞める当日にその事を連絡するとか、自分の親友ながらクソ野郎だと思います。

<スポンサーリンク>

最後に

という訳で、今回はメン募サイトで遭遇した個性的な人について取り上げてみました。

私がメン募サイトで募集していたのはもう10年以上前になりますが、まぁ当時も今も大して変わらないのではないかと思います。

 

 

当時はwith9よりも、名前は忘れましたが携帯電話用のメン募サイトをよく使っていた気がします。

 

こんな事を書くと、メン募サイトには変な奴しかいないのかと思われそうですが、その通り変な人は一部だけであり、大多数はまともな人だと思います。多分。おそらく。そうであってほしい

 

 

周りにバンドを組んでいるような知人がいない場合は、メン募サイトのお世話になる事もあるかと思います。

その際には変なのに引っ掛からないように気を付けつつ、逆にこちらが地雷となってしまわないように常識的な対応をしつつ、皆様が良いメンバーと巡り合う事を願っております。

 

 

なお、この記事をあらかた仕上げた後にネットで他の方々の体験談なども検索してみましたが、とんでもないのが多過ぎて私が遭遇した人々はまだマシな部類なのでは?とも思ってしまいました。

ほんと、バンドマンって変わり者が多いですね…。 いや、良い意味でですけどね!(フォロー)

 

皆様も良きバンド生活をお送りくださいませ!

よろしければYouTubeチャンネル登録&Twitterフォローお願いします!


6 件のコメント

    • コメントありがとうございます!
      バンドマンって、良くも悪くも個性的な方が多いですからね…。

      こういった方々と遭遇して嫌な思いをしないよう、そして知らず知らずのうちに自分自身が周りの方に迷惑を掛けてしまわないよう
      私自身も気を付けたいですし、この体験が他の方の参考になれば幸いです。

  • 私も、今まで、いくつかのバンドメンバー募集サイトで地雷を踏みました。
    ・募集の記事にオリジナル曲を載せたところ、しょっぱなから「この曲のボーカルのない音源(カラオケ)をください。じぶん歌いたいんで」とか、いろんな人がいました。
    あと、弱小レコード会社やレーベルで働いているチンピラ業界人もサイトにいますね

    • コメントありがとうございます!
      曲を寄越せと言うのもかなり強烈ですね!w
      かつては常識の欠片も備えていないモンスターや、下心満載の悪い人が猛威を振るっていたイメージですが、
      このSNSで何でもすぐに広まるご時世、メン募サイトが少しでも平和になっていたら良いのですが…。

  • あるあるすぎて笑えるw
    地雷多いですよね!
    お気持ちよーくわかります!
    でもそんな経験も後の笑い話になったりw

    • コメントありがとうございます!
      ホント、凄い人多いですよね(笑)!
      私も今となってはネタにして笑えますが、当時は「変な人ばかり引き寄せるし、もしかして自分も同類なのかな?」と少し悩みました(笑)。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です