【イスタンブール】トルコで見付けた珍しい職業について現地で調査した【トルコ旅行】




こんにちは。
インビンシブル吉岡(@invincible_ysok)です。

 

突然ですが、世の中には様々な職業が存在しますよね。

中には「その仕事、必要なの?」と思ってしまうような仕事もあります。

しかし、それで生計を立てている人がいるという事は、そこに需要も存在しているという事の逆説的証明になるのではないでしょうか。

 

今回、私は一見しただけではどこに需要があるのかよく分からない職業の情報を入手する事が出来ました。

果たして本当に需要が存在するのか、現地にて実態調査を行いたいと思います。

 

という訳で今回のテーマは

体重計り屋さん

です。

体重計り屋について

体重計り屋(たいじゅうはかりや)とは、人間またはその他動物の体重を計測する事を業務とする職業である。

主として準先進国から発展途上国に分布がみられ、家庭内で体重計の普及した先進国においては現在ほぼ見る事のない職業となっている。[要出典]

健康診断等で医師または看護師等の医療従事者が体重測定を実施する事があるが、これについては体重測定のみを主目的として行うのではなく健康診断の一つの項目として内包されている為、これに従事する者を職業としての体重計り屋と見なす事はない。[要出典]

(Wikipedia風解説)

 

本当に存在するのだろうか

体重計といえば、オムロン株式会社や株式会社タニタといったメーカーが国内では有名であり、おそらく一家に一台は置いてあるのではないかという程に普及率の高い商品です。

しかし、上に乗れば誰でも簡単に体重が計れてしまうこの機器。

これを商売道具として生計を立てるとは、一体どういう事なのでしょうか?

 

その実態を探るべく、私は海を渡りました。

トルコへ

そんな訳で、私はトルコで一番の大都市であるイスタンブールへとやって参りました。

 

Atatürk International Airport

イスタンブールの玄関口、アタテュルク国際空港には早朝に到着。

関西国際空港からはトルコ航空による直行便で、約13時間のフライトとなります。

 

電車を乗り継ぎ、市内中心部へ向かいます。

 

Atatürk International Airport

空港と直結している地下鉄M1号線ハワリマヌ駅(Havalimanı)からゼイティンブルヌ駅(Zeytinburnu)へ行き、そこでトラムに乗り換えます。

 

Havalimanı

しかしまぁ何と言うか…トルコ語は本当に異国の言葉といいますか、日本人には馴染みが無さ過ぎる語感ですね。

発音のし辛さはきゃりーぱみゅぱみゅと良い勝負です。

 


車内は思ったより綺麗です。

 

Zeytinburnu
ここゼイティンブルヌ駅トラムT1号線へ乗り換え、市内を目指します。

果たして、目的の体重計り屋さんに会う事は出来るのでしょうか。

 

Zeytinburnu
やってきました。

 

トラムに乗ってしばらくすると、スルタンアフメット地区に差し掛かります。

車窓からはあの世界的に有名なスルタンアフメット・ジャーミィ、いわゆるブルーモスクが見えます。

今回はそれどころではないのでスルーします。

 

Sultanahmet Camii

 

そしてスルタンアフメット地区を通り過ぎたあと間もなくして、スィルケジ駅(Sirkeci)にて下車。ここからは徒歩となります。

イスタンブールはヨーロッパとアジアの境界に位置している為、両者の文化が入り混じった街並みは何とも興味をそそられます。

しかしながら今は体重計り屋さんを見つける事が最優先事項です。

街歩きはまたの機会という事で、先を急ぎましょう。

 

しばらく歩いていると、どうやら海らしきものが見えてきました。


ここは金角湾と呼ばれる入り江です。

この湾のこちら側がイスタンブールの旧市街、湾の向こう側が新市街となっています。

ブルーモスクやトプカプ宮殿、アヤソフィア博物館のような超有名どころの観光地は旧市街にあります。

 

ここまで来たら、目的地はすぐそこです。


橋が見えてきました。

ここは旧市街と新市街を結ぶ交通の要所、ガラタ橋です。

 

ここが、今回の調査の目的地となります。

ガラタ橋で調査

私が得た情報によると、このガラタ橋に体重計り屋さんは存在するという事なのですが…。

早速、調査を始めましょう。

 


ガラタ橋はこのように、1階と2階の2層構造となっています。

 

2階は一般の橋と同じく車道と歩道、そして中央を鉄道が通っています。

1階部分はレストラン街となっています。

 

では、まずは2階から探索を実施しましょう。

 


見た感じ、何の変哲もないただの橋に見えますが…。

 


やたらと釣りをしている人が多いです。

ここガラタ橋は、橋の上から釣りをしている人が多いという事で有名な観光スポットのようです。

 

というか、そんな事で有名になれるものなんですね…。

観光客減少で頭を抱えている地方自治体は、エキストラを5,000人ぐらい用意して町内の適当な橋に詰め込んで釣りでもさせれば、案外観光名所になれるかもしれませんね。

橋が壊れそうですが。

 

 

ところで、肝心の体重計り屋さんは一体どこに??

 

見かけるのは通行人と観光客と釣り人ばかりです。

 

このまま何の手掛かりも掴めないまま日本への帰路に就く事になれば、私はただトルコへ観光しに行っただけという事になってしまいます。

実際そうなんですけど、ここまで来たからには何かしらの情報を掴まない事には私は日本へ帰れません。

いや、実際は誰が何と言おうと予約した飛行機で帰りますけど、気持ちだけでもトルコに残したい。

 

そもそも、探す場所が間違っているのではないでしょうか?

体重計り屋と橋って、何の関係があるのでしょうか。

 

わざわざトルコまで来ておいて決して考えたくはないのですが、週末のヨドバシカメラの方がまだ体重計り屋との遭遇率は高そうな気がします。

そんな事を思っていた矢先…

 

 

いました。

 

 

とうとう発見しました。

調査開始

まさかと思いましたが、体重計り屋という職業は存在するようです。

 

私も正直、この目で見るまでは半信半疑でした。

しかし実際に遭遇してしまったからには、存在を認めるほかありません。

 

 

しかし、実在するとはいえ、職業として成り立っているのかは話が別ではないでしょうか。

 

ここは橋の上です。

果たしてこんな場所で体重を計る人間、つまりは顧客が存在するのでしょうか?

体重測定業界の事を何も知らない素人の私が言うのも憚られますが、もう少し場所を考えた方が良いのではないでしょうか

 

わざわざ橋の上、しかもそこそこ人で賑わっている観光地で自分の体重を計る人間がいるとは思えません。

はっきり言って恥ずかしいです。

 

それ以前に、当たり前ですがここに来る人は必ず服を着ていますし、正確な体重を測定する事は出来ません

 

これならまだ体重計を持ち運んで訪問販売ならぬ訪問測定を行った方が、利益は出るのではないでしょうか。

 

そもそも、この人は職業体重計り屋ではなく、趣味で橋の上に体重計を置いているだけという可能性も現時点では否定できません。

 


当然と言えば当然ですが、通行人と思わしき人と会話する事はあっても、体重を計っていく人はいません。

この写真のおじさんも、少しばかり体重計り屋さんのおじいちゃんと喋った後、そのままどこかへ消えていきました。

 

やはり体重計り屋の存在は、都市伝説に過ぎなかったのでしょうか…。

 

 

とはいえ、このように体重計をセットしたおじいさんが目の前に鎮座している姿を見られた事により、私の心はある種の満足感のようなもので満たされていました。

 

確かに、この人がこの道一筋で食べているという確証はありません。

ただ単に、ガラタ橋で体重計を眺めるのが生き甲斐のおじいちゃんかもしれません。

 

しかしこうして遠い異国の地で、体重計と人間の絆とも言うべき微笑ましいひとコマを見るに、「体重測定業界の未来も捨てたもんじゃないな」と思えるのでした。

 

 

これで今回の調査は終了です。

もう他に見るべきところもなさそうなので、ここを離れる事にしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

乗ってる!!

 

 

目の錯覚ではありません。今、目の前で確かに人間(♂)の体重が測定されています。

 

 

…一瞬我が目を疑いましたが、橋の上で体重を計る人って存在するんですねぇ。

 

このお兄さんは体重測定後、額は不明ですがしっかりと料金を支払っていました

つまりここには需要と供給、いわゆるビジネスが存在していたのです。

 

 

「そんな仕事ある訳ないだろう」
「橋の上なんかで体重を計る奴なんていないだろう」

物事をそんな先入観で決めつけてはいけない

私は強く思い知らされる事となりました。

 

我々には理解しがたいかもしれませんが、このお兄さんは「たとえ服を着たままでもいいから、橋の上で体重を計りたかった」

その為に対価を支払った。これが事実なのです。

 

確かに自分自身を思い起こせば、休日に街中を歩いていたら急に自分の体重を無性に計りたくなる事って、意外とあるかもしれません訳がない。

 

 

とにかく、職業としての体重計り屋さんが存在する事はこれで確認出来ました。

自分の知らない世界を覗き見る事が出来た点。

そして物事に対する考え方を改めさせられたという点で、有意義な検証だったと思います。

 

 

 

 

 

 

 

流れに乗って、私も測定させて頂きました。

 

 

…申し訳ありません。

今回は調査に公平を期す為に、あくまで自分は客観的に眺めているだけにしたかったのですが…

橋の上で体重を計るという事の誘惑には勝てませんでした。

 

 

という訳で、つい勢いで乗ってしまった為、測定料をお支払いする事となりました。

しかし相場が分からない上に言葉が通じない(英語も全く通じない)為、なんとなく1トルコリラ(当時の為替レートでおよそ52~53円)を支払ったところ、どうやら了承頂いたようでした。

どれぐらいの売り上げになるのか

さて、これでプロの体重計り屋さんが存在する事は確認出来ましたが、次は彼らの報酬が気になるところですよね。

この商売で一体どれぐらい稼ぐ事が出来るのでしょうか。

 

リアルな売り上げは本人にしか分からないところでありますが、ざっくりと計算してみます。

 

もし想定外の高収入を得られる(=需要が高い)ようであれば、私も会社に退職届を提出し、体重計を片手に淀川大橋へ繰り出す事も検討したいと思います。

 

計算してみる

細かい計算は私の頭脳では不可能なのでかなり乱暴な計算になりますが、おおよその月収と年収を推測してみましょう。

 

この日、私は約30分程度このおじいさんを観察しました

その間に体重計に乗った人数は、私を含めて3人です。

その他条件は、面倒なので以下のように仮定します。

  1. 報酬は1回の測定につき、1トルコリラ(以下、1TL)とする
  2. 勤務時間中は調査実施時と同様のペースが続くものとする(3人/0.5h→6人/1h)
  3. 勤務は8時間/1日、年間休日120日とする(ホワイト企業)

では、計算してみましょう。

年収
1TL×6人×8h×(365日-120日)=11,760TL

月収
(年収)11,760TL/12=980TL

という事で、

    • 月収:980TL(51,450円)
    • 年収:11,760TL(617,400円)

※為替レートは1TL=52.5円で計算

という結果になりました。

日本で生活するには非常に厳しい金額ではありますが、トルコの物価に照らし合わせるならばこの金額はどれぐらいになるのでしょうか。

 

 

ネットで色々調べたところ、まず私自身がGDPをはじめとする各種経済指標の意味が全く分からない事に加え、何故か分かりませんがサイトによって数値が異なるので、経済指標を用いての検証は諦めて私の体感で考えたいと思います。誰か教えてください。

 

という訳で考えた結果、この仕事一本で生活する事は「結構厳しい」というのが私の出した結論です。

体重計り屋の生活は厳しい

では、前述の計算を踏まえた上で、生活が厳しいと結論した理由を見ていきましょう。

 

トルコの物価は安くない

私自身、渡航前はトルコの物価は日本の半分ぐらいかな?と思っていましたが、そんなに安くありませんでした

 

もちろん観光客が訪れるような店と現地人が訪れるような店では、かなりの物価の開きがあると予想されます。

しかし、それを踏まえてもトルコの物価は割と高いと感じました。

 

 

ネットで調べていると、いくつかのサイトで「トルコの平均月収は5~6万円程度」という内容の記述を拝見しました。

それならば理論上は体重計り屋は平均的な収入があり、生活も可能なのでは?と思ってしまいそうですが、どうやらそう上手くはいかないようです。

 

イスタンブールはトルコで1番の大都市であり、他の地方都市と比べると物価が高く、月5~6万円程度では生活はかなり厳しそうです。

 

イスタンブールを離れて物価の安い地方都市で営業するとなると、今度は生活費が掛からなくなる代わりに体重計りの需要はかなり落ちこみます。

 

月5万円も稼げるとは思えない

じゃあさっきの計算は何だったんだという話になってしまいますが、とりあえず考察を進めたいと思います。

 

先程は計算の都合上、いくつか条件を固定して収入の推測をしましたが、実際にはこの額(月収約5万円)を稼ぐのは、非常に難しいと言わざるを得ないでしょう。

 

1TL支払う人はそうそういない

体重測定時に私は対価として1TLを支払いましたが、そもそも体重を計っただけで1TLを支払う人自体が、そんなにいるとは思えません。

1TLはトルコで流通している硬貨の中では最高額です。

 

それに体重を測定すると言っても、体重計り屋が何かしらの接客をしてくれる訳でもなく、はたまた目盛りを読み上げてくれる訳でもありません。

客が自分で体重計に乗って自分で目盛りを確認するので、客側としてはサービスを受けた感はほとんどありません。

どちらかと言えば、田舎の無人販売所に野菜を買いに行くのに近い感覚です。

まぁ、仮に目盛りを読んでくれたとしても言葉が理解出来ないのですが。

 

体重を計った人がいたとして、支払う対価としてはおそらく0.5TL(=50クルシュ)や0.25TL(=25クルシュ)辺りが妥当なのではないでしょうか。

 

毎日50人弱も測定してくれる可能性は低い

先程の計算では1時間当たり6人が測定する前提となっていますが、そうなると1日で48人が測定しないと、ノルマを達成出来ません。

 

そんなに体重を計りたい人、いる?

 

というのが、素直な感想です。

 

 

運良く物好きな団体観光客などがやって来た場合は、想定外に稼げる可能性はありますが…

そもそもガラタ橋の2階部分は、釣り人が大挙してる光景以外はただの道路であり、他には特に見るべきものもありません。

環境的に長居する事もなければ、リピーターも望めません

 

総評

以上をもちまして、今回の検証は終了とさせて頂きたいと思います。

 

個人的には、体重計り屋の存在が確認出来た事に満足している気持ちはあるのですが、それと同時に体重計り屋の待遇、ひいては業界の地位向上について、我々ももっと考えていく必要があるのではないか、と思わせられました。

 

 

余談ではありますが、後日グランドバザールというイスタンブール随一の大型市場内で、移動式の体重計(紐をリードのように取り付けてある)を持った、ガラタ橋のおじいさんとは別人の体重計り屋さんを発見しました。

彼は体重計を引きずりながら市場内をウロウロしていましたが、私の見ていた限り、バザール内で体重を計っている猛者を見る事はありませんでした。

 

本当にさ、商売する気があるならもう少し場所を考えようよ。

 


グランドバザールはこんなところです。

こんなところで誰が体重計るねん。

 

最後に

今後トルコに行く予定があったり、いつかは行きたいと思っている。

そしてその時はガラタ橋も観光するつもりだという方に、僭越ながらアドバイス差し上げたいと思います。

 

今回私が下車したスィルケジ駅よりも1つ新市街側の駅である、エミノニュ駅(Eminönü)で下車した方が遥かに近いです。

私は今回間違えて健康の為に敢えてスィルケジ駅から向かいましたが、もしガラタ橋へ訪れるならば、エミノニュ駅から向かいましょう。

 

 

あと、観光客目線で見るならばトルコは本当に素晴らしい国です。

見どころは多いし、現地人も優しい人が多いです(詐欺師みたいなのも多いですが)。

 

もしも知人に海外旅行のオススメ先を聞かれたならば、回答するにあたってトルコは個人的にかなりの有力候補となります。

 

 

ただし昨今の政情不安によりテロ等が多発している事もあり、今の情勢でトルコに渡航する事は個人的には決してオススメ出来ません。

もし行かれる方がいらっしゃるならば、何かトラブルに巻き込まれたとしても「自己責任」という覚悟を持った上で充分にお気を付けて、そして目一杯楽しんで頂けたらと思います。

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました!

 

 

よろしければYouTubeチャンネル登録&Twitterフォローお願いします!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です